アンソニーデイビスの名言・NOと言えなきゃダメだよ

 

ニューオリンズペリカンズのアンソニーデイビス。若干22歳にしてニューオリンズの町の期待を一身に背負っている彼は、キャリア5年目にして2回の代表歴と、3度のオールスター出場、2度のブロック王に輝いています。

 

長身から繰り出されるブロックや、高い位置から叩き込まれるダンクなど若さあふれるプレーを得意としている彼ですが、特筆すべきはその精神面であり、とても22歳が持ち合わせているとは思えないしっかりした考えを持っています。そんな彼の名言を紹介します。

 

Sponsored Link

 

アンソニーデイビス名言集

When people talk about the greatest ever, I want to be in that conversation. I’m nowhere close to it.. But it’s where I want to go.

“みんなが伝説のプレーヤーについて話すときに、自分の名前が出てくるような選手になりたい。今は全然遠い場所にいるけど、そこが僕の目指す場所なんだ。”

I’m a basketball player, and I’m still going to guard the rim whoever is out there. It doesn’t matter if I’m a power forward or a center. My job doesn’t change.

“僕はバスケットボール選手だ。誰がこようともゴールを守るよ。僕がパワーフォワードであろうが、センターであろうが関係ない。僕の仕事は変わらない。”

Me playing well and us losing doesn’t mean anything. I want to win, so I don’t care about having two points, four points or 30 points. As long as we get win, that’s all that really matters.

“僕が上手くプレーできたとしても、チームが負けてしまうのならそれは意味が無い事だよ。だから自分が2得点でも、4得点でも、30得点でも気にしない。チームが勝つのならね。それが考えるべき事。”

I just want to win, man. That’s the biggest thing for me. All the All-Star selections and gold medals are fine—I definitely want win another gold medal. But for my team, I want to win.

“ただ勝ちたいんだ。勝つ事が僕の中で一番だよ。オールスターに選ばれる事も、金メダルを獲得するのも素晴らしい事だけどね。もう1つ、金メダルを獲得してみたいのも確かだ。でもやっぱり、チームに勝利をもたらしたい。”

Sponsored Link

I’m working on everything. There’s nothing that I don’t want to learn. There’s nothing that I don’t want to succeed in as far as things on the court.

“すべてに取り組んでるよ。学びたくない事ものなんてない。コートでやる事であれば、成し遂げたくないものなんて無いさ。”

If I keep working hard, playing hard and doing what I have to do, making my team win and do what the coaches want me to do, do what the veterans want me to do, I think the sky is the limit. But I have to always stay humble.

“一生懸命取り組み続けて、ハードにプレーして、自分がやるべき事をやって、チームに勝利をもたらして、コーチが僕にしてほしい事をやって、ベテラン選手が僕にしてほしい事をやって、限界なんて無いよ。でもいつでも謙虚でいるのは大切な事だ。”

You definitely have to learn to start saying no. You’re going to lose a lot of friends. You just have to live with it.

“NOと言えるようにならないとダメだよ。たくさんの友達を失うかもしれないけど、辛抱するんだ。”

We worked so hard, spent so much time in weight room and in camps to be where we are today. We wanted to come out and be as good as any team in the state, to prove we could hang with any team at any time.

“努力したんだ。たくさんの時間をウェイトルームで過ごして、キャンプでもあるところまでやってきた。アメリカ中のどこのチームよりも、良いチームでありたい。どんな相手でも渡り合える事を証明したい。”

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ