ビルラッセルの名言集・成功の過程に奇跡なんて無い

彼がNBA入りを果たしたのは1956年。208センチの身長ながら現役時代はセンターを勤めており、そのリバウンド能力、ブロックショット能力で、歴代最多の11回のNBA優勝、シーズンMVP5回、オールスターゲーム選出12回の超人的な記録を残し、ボストンセルティックスの英雄となりました。

 

ビルラッセルの幼少期は人種差別が起きていた時代であり、大学時代、現役時代、ヘッドコーチ時代を通して人種差別の問題と戦ってきました。そんな時代背景のなか果敢にプレーを続けてきたラッセルの言葉の一つ一つには彼の人生そのものが詰まっています。

 

ビルラッセル名言集

Success is a result of consistent practice of winning skills and actions. There is nothing miraculous about the process. There is no luck involved.

“成功という物は、勝つために一貫して、練習と行動を起こしたことの結果なんだ。そのプロセスに奇跡なんて無い。ラッキーな事なんてないんだ。”

The most important measure of how good a game I played was how much better I’d made my teammates play.

“僕がどれだけ試合で上手くプレーできたかを計る要素は、どれだけ他の選手を活かす事ができたかでわかる。”

If you really have integrity, there are very few people who can insult you, or honor you.

“君に本当の誠実さがあったとしたら、君を侮辱する人も、たたえる事が出来る人も、そんなにいないはずだ。”

Commitment separates those who live their dreams from those who live their lives regretting the opportunities they have squandered.

“人生の機会を後悔する事に費やしながら生きている人と、人生に夢を持って生きている人を分けるのは決意だ”

Most people have a harder time letting themselves love than finding someone to love them.

“ほとんどの人たちは、自分を愛してくれるひとを見つけるよりも、人を愛する事に苦難を覚えるもの”

Sponsored Link

Remember that basketball is a game of habits. If you make the other guy deviate from his habits, you’ve got him

“バスケットボールは習慣のスポーツだという事を覚えていてほしい。相手選手をその習慣から外す事が出来たとき、君の勝利が決まる。”

Learning is a daily experience and a lifetime mission. I truly believe in the saying “We work to become, not to acquire.

“学ぶという事は日々の経験であり、人生のミッションだ。「なるべくして努力する。得るためではない」という言葉を信じてるんだよ。”

To me, the most important part of winning is joy. You can win without joy, but winning that’s joyless is like eating in a four-star restaurant when you’re not hungry. Joy is a current of energy in your body, like chlorophyll or sunlight, that fills you up and makes you naturally want to do your best.

“僕にとって、勝つ事で一番大切な事は「喜び」だ。それが無くても勝てる。でもわびしさで勝つのは、お腹がすいていない時に4つ星のレストランで食事をするような物だ。「喜び」は君の身体のエナジーとなる。クロロフィルや太陽光のような物だ。それが君を自然とやる気にさせ、ベストを尽くそうと思わせるんだ。”

The idea is not to block every shot. The idea is to make your opponent believe that you might block every shot.

“全部のショットをブロックするのではなくて、相手選手に「ブロックされるかも」って思わせるのが大切なんだ。”

You can do anything you want to do if you want it bad enough

“本気で求めれば、君にはなんだってできる”

Sponsored Link

You got to have the killer instinct. If you do not have it, forget about basketball and go into social psychology or something. If you sometimes wonder if you’ve got it, you ain’t got it. No pussycats, please.

“負けん気が無いとダメだよ。それが無かったら、バスケットボールの事はいったん忘れて、社会心理学を学んだ方が良い。負けん気がついたと思っていたとしたら、まだまだ。子猫ちゃんは勘弁だよ。”

Concentration and mental toughness are the margins of victory.

“集中力とメンタルの強さが勝利を呼ぶ”

To love someone is nothing, to be loved by someone is something, to love someone who loves you is everything

“誰かを愛するのは容易い事、でも誰かに愛されるのは違う。君を愛してくれる人を愛する事がすべてだ。”

Create unselfishness as the most important team attribute.

“自己中心的にならない事が、チームに貢献する上で一番大切な事だよ。”

If you can take something to levels that very few other people can reach, then what you’re doing becomes art.

“君がやっていることが万人に出来ないような事であれば、君がやっている事は芸術だ。”

A rebounder, or a shot-blocker for that matter, is always at a disadvantage if he tells himself the only way he can succeed is by out jumping the guy next to him. Sometimes he will have to, but most of the time he will not. Most of my rebounds came from positioning, where I was able to get the ball while in heavy traffic. 

“リバウンダーやショットブロッカーだったら、隣の選手より高く飛ぼうと自分に言い聞かせることは不利になる。ある時はそうしなければいけないときもある。でもほとんどの場合はそうしなくても良い。僕のリバウンドはしっかりとしたポジショニングから成り立っていたんだ。密集地帯で、ボールをつかみ取れる場所に動く事だ。”

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ