長期的に集中力を高める7つの方法とは?【勉強・スポーツ・仕事】

 

集中力を持続させる事は人生を過ごす上でとても重要なファクターとなってきます。人間は多数の事に集中できる程器用ではありません。しかし1つの事に集中的に取り組む事で、自分の弱点を改善できたり、目標を達成する事ができます。

 

集中できる環境、時間は個人によっても異なってきます。自分にとって集中できる最適な状況、コンディションを見つける必要が有ります。今回は長い期間、集中力を高める事に役立つ方法をご紹介します。

 

Sponsored Link

 

1.身体に十分な休養を与える

 

集中力を欠く大きな要因としてあげられるのが、十分な休息を取っていない事です。集中力を持続させるのは心を「静」の状態に保つ必要が有ります。しかし十分な休息を取っていない場合に、心を静かに保つ事は非常に難しいです。

 

夜更かしをせずに、自分に一番心地の良いパターンで睡眠を取る事が非常に大切となってきます。自分の体調が万全と思える睡眠時間を見つけて、定刻に寝るようにしましょう。しかし「寝過ぎ」は良く有りません。寝すぎると体内のリズムを崩してしまい、怠慢状態に陥ってしまいます。目覚ましを使って、定時に起きるようにしましょう。

 

 

2.やる事を決める

 

やる事を決めてから「自分のやるべき事」に取りかかりましょう。ノープランで机に座ってしまうと、やる事が決まっていないため、ふとスマホをチェックしてしまったりと注意力が散漫になってきます。また、ノープランで練習に向かっても、自分に足りない部分を練習しなければ、向上はしません。

 

目的が無ければ、ただ時間を無駄にしてしまうのです。そのためにはより明確にやる事を決める必要が有ります。仕事も勉強もスポーツも、事前に今日やらなければ行けない事を決めてから取り組む事で、その事柄に集中をする事が出来ます。

 

3. 瞑想する

瞑想を一日の中に取り入れている人はあまりいないかと思いますが、目を閉じて静かに頭の中に想いを巡らせる事で、心に平穏をもたらす事が出来ます。瞑想に一番必要になってくるのは集中力です。やり始めは、余計な事をいろいろ考えてしまって上手く集中できない事が有るかもしれません。

 

しかし、何度かこなしているうちに、集中するコツがわかってきます。朝起きてからほんの5分程度、寝る前の5分程度、静かな場所で目を閉じて、その日やる必要が有る事や、今日1日がんばった事を頭に巡らせで心を落ち着かせるのも良いですね。瞑想を継続する事で、集中力も向上していきます。

 

Sponsored Link

 

4. 集中する場所を選ぶ

 

仕事や勉強の場合であれば、自分が集中するべき場所を選ぶ事が良いでしょう。自分が集中できる場所というのは人によって違ってきます。図書館で集中できる人、カフェで集中できる人、自宅が一番集中できる人、それぞれにある自分が一番集中できる場所で取り組む事が一番です。

 

スポーツの場合も同じで、自分が普段自主練習する場所が決まっていたら、集中的にそこでやるようにします。1度その場所を見つけてしまえば、その場所に何時に人が来るか、1人で練習できる場所なのか、自分の生活の計算に、リズムとして取り入れる事が出来ます。

 

5. 食べ過ぎない

 

集中力をマスターしたいのであれば、食事のコントロールをする事も大切な要素となってきます。食べ物を食べ過ぎると、消化に時間がかかるため、不快感と眠気が襲ってきます。健康な食材を、軽く接種する事が、集中力を保つ秘訣になってきます。

 

また、食べる量をコントロールするということは自分の感情をコントロールする事にもつながります。「あとはケーキを食べたいけど、、、辞めておこう」と余計な物を食べない生活を続けていれば、それが習慣となり、やがてそれが普通になります。

 

6. エクササイズをする

 

集中力を保つ上で、適度な運動をする事も必要になってきます。勉強や仕事をしているときに、言ったん手を止めて「グーっ」と上に伸びをすると気持ちいいですよね?勉強や仕事を同じ姿勢で続けていると、身体は固くなってきます。

 

身体が固い状態、不健康な状態、不快感野ある状態で集中力を継続させる事はとても難しいです。集中する事自体は出来たとしても、長くは続かないでしょう。適度な運動で身体をほぐしましょう。何か定期的にスポーツをしていれば、スッキリ度が違う事間違い無しです。

 

7. 成功体験をする

 

集中力を高めて取り組んだ事で、過去に何か成功をした経験は有りませんか?「受験勉強に集中して取り組んで難関大学に合格した」、「集中して作成した資料がお客にほめられた」、「集中してドリブルの練習に取り組んだら誰にもボールをとられなくなった」。

 

何でもいいです。自分が集中する事で何かを成功に導く経験をすればする程、集中力に対する抵抗は無くなってきます。集中して取り組めば、自分が欲しい物、結果が手に入ると考える事が出来れば、集中する事が自分の中で普通になってくるでしょう。

 

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ