クリスティアーノロナウドの名言集・常に目標をきめることが大切

 

現在レアルマドリードに所属するクリスティアーノロナウド。日本での人気も絶大ですよね。フェイントから加速するドリブルスピード、相手を翻弄するドリブルテクニックを武器に、得点を量産。ストライカーとしても抜群のセンスを誇っています。昨年の年間得点ランキングではリオネルメッシをおさえ1位に輝きました。

 

インタビューの際も、熱く持論を展開するクリスティアーノロナウド。その様子から、非常に謙虚でストイックな選手である事が垣間見えます。今回はそんな彼の名言をお届けします。

 

Sponsored Link

 

クリスティアーノロナウド名言集

When you lose a person you love so much, surviving the loss is difficult.

“君が愛している人を失ったとき、残りの人生を生きていくのはそう簡単な事ではない。”

Without football, my life is worth nothing.

“サッカーが無ければ、僕は誰にも注目されないさ”

Every season is a new challenge to me, and I always set out to improve in terms of games, goals, assists.

“毎シーズンが僕に取っては挑戦だ。常に向上するために、試合と、得点と、アシストの目標を決めるんだ。”

I want to consistently play well and win titles. I’m only at the beginning.

“一貫したプレーをして、タイトルを勝ち取りたい。まだスタート地点にすぎないんだ。”

There’s no point in making predictions. It’s not worth speculating because nothing is set in stone and things change all the time in football. Today there are opportunities that no one knows.

“予測をすることに意味は無いと思う。サッカーでは確かな物なんて何も無いし、常に状況が変わるから、予想をしても意味が無いんだ。今日には今日の、誰も知らないチャンスが有るんだ。”

I don’t have to show anything to anyone. There is nothing to prove.

“みんなに何かを披露するつもりは無い。証明する事なんて何も無いんだ。”

Sponsored Link

I have practically no private life. I’m already used to this and ready for it. Yes, sometimes it is hard, but it is the choice I made.

“僕にはプライベートは無い。もう慣れっこだし、準備はできてる。時折辛い事も有るけど、これは僕が選んだ道だから。”

I’m aware that, whatever the circumstances, there will always be speculation about me.

“気づいたんだ。結果がどうなろうと、僕に対しての憶測という物は常に有る物だ”

I don’t like being alone.

“1人でいるのは好きじゃない”

I never promise anything. I don’t promise anything to my mum. I don’t promise anything to the supporters.

“僕は常に何かを約束する事は無い。母親にもしたことはないし、サポーターにも約束した事は無い”

People have to understand one thing: at the age of 18, I arrived at a dream club like Manchester United. It was a dream come true. But, even at that moment, I was thinking about playing in England for some years and then going to play in Spain. Even at that time I was thinking that way, and I always gave 100% everything.

“みんなに知っていてほしい事が有る。僕は18のときに、夢のチームだったマンチェスターユナイテッドに入団した。夢が叶ったんだ。でもその時でさえ、イングランドで数年プレーする事も考えていたし、その後にスペインに行く事も考えていた。18の時にすでに、自分の展望を持っていたんだ。そしてすべてに100%の力を注いできた。”

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ