心と身体の関係をバランスを保つ6ステップ・健康な人生を送る秘訣

 

動物は身体の動きが感情に左右される生き物です。強気のときは何も恐れず行動をする事ができますが、弱気になると身体の動きが止まってしまうもの。自分がやらなきゃ行けないとわかっているときでも、感情が伴わなければ行動する事が出来ません。

 

心と身体が密接な関係を持っている以上、そのバランスを取る事は非常に重要な事。心と身体の均衡を保つ事が出来れば、感情に流される事無く行動をする事が出来るようになります。今回は心と身体のバランスを保つ方法をご紹介します。

 

Sponsored Link

 

1.心身のバランスがとれているか振り返る

 

何事もやり過ぎは良く有りませんし、やらなすぎも良く有りません。何かに打ち込みすぎれば身体と精神が削られていきますし、怠慢を続ければ、身体はそれを覚えてさらに怠慢になり、心は罪悪感に蝕まれてしまいます。物事を上手く進めて行く上で、バランスを取る事は非常に重要になってきます。

 

1週間に1度時間を取って、自分の行動を振り返ることを始めましょう。人生は変化の連続、自分が満足いく方向に人生を進めるためには、少しづつ軌道修正をする必要が有ります。仕事、勉強、プライベート、人生。これらのバランスがキッチリとれているのかを定期的に確認する事をお勧めします。

 

 

2. 自分にとって何が大切な事なのかを把握する

 

心が平穏を保つ為に必要な要素は、人それぞれ異なってきます。友達と会う時間が欲しい、睡眠をたくさん取りたい、この日までにこの仕事を終わらせたい、など。自分の均衡を保つために何が必要なのかをまずは把握して、紙に書き出していきましょう。

 

自分が普段やりたい事を満足に出来ていないと、心の健康を保つ事が出来ません。心が安定していなければ、身体も不安定になります。まずは「自分の心のよりどころ」を把握し、それを計画的に行う事。週1でマッサージに行く、毎日映画を1本見るなど、自分の心を落ち着かせる事の出来る時間を、必ずもうけるようにしましょう。

 

 

3. 自分との約束を守る

 

一度目標を立てて、自分と約束をしたら、必ずそれを守るようにしましょう。例えば「3ヶ月間、筋トレを1日3セットやる」と目標を立てたら、必ずそれを3ヶ月間実行するようにしましょう。これを1週間でめげてしまうと、「自分が立てた目標をこなす事が出来なかった」と心は罪悪感を感じ、自信を喪失します。

 

自分が決めた事、自分と約束した事を守る事が出来なければ、それ以上上に進む事は出来ません。走行しているうちに人生は終わってしまいます。自分の心を満足させるためには、自分を裏切らない事。自分との約束を30パーセントしか守る事が出来なければ、30パーセントの結果しか返ってきません。

 

Sponsored Link

 

4.身体と会話する

 

人生は身体が資本となります。身体の状態が良好でなければ、集中力を持続させる事は出来ません。気合いや根性では何ともならないのが現実なのです。まずは身体の状態を良好に保つ事に意識を向けていきましょう。睡眠をしっかり取る、食事をしっかりとるなど基本的な事を大切にしましょう。

 

日本の社会では、勤勉である事が美徳とされています。しかし、勤勉に対して違った価値観が美化されている傾向が有ります。昼食をとらずに仕事をする、徹夜をする、休み無しで働く事は決して勤勉でも何でも無いのです。最低限身体のコンディションを保つ事が出来て初めて、勤勉になれば良いのです。

 

 

5. 機械の触り過ぎに注意

 

インターネットの爆発的な普及により、私たちの周りには便利なツールが増えてきました。パソコン、スマートフォンから、どこにでもあるWifiを通じて、いつでもネットサーフィンを楽しむ事が出来ます。しかしここが大きな落とし穴。時間を決めて使う事を心がけましょう。

 

電車で通勤時間にスマートフォンをいじり続けるたけで首の痛みの原因となったり、視力の低下の原因となります。寝る前にスマートフォンをいじっていれば、眠気がさめてしまい、不眠症につながります。「きれいなバラには刺が有る」とは良く言った物ですが、文明が進んだからといって、健康を害してしまってはもともこうも有りません。

 

 

6. スレッチをする

 

長くデスクワークをした後や、本を読んだ後に、上に伸びをすると気持ちがいいですよね?身体が硬直した状態から、ストレッチをする事で、身体のコリとともに、心のコリも取り払う事が出来るのです。1日の終わりには、必ず風呂上がりのストレッチを取り入れるようにしましょう。

 

また仕事中などでも、周りの目を気にせずストレッチをする事は大切です。我々が生活している文明社会では、身体残りにつながるワークスタイルがたくさん含まれています。チンパンジーが長時間デスクワークをこなしたらやがてストレスでおかしくなってしまう事でしょう。人間も同じ動物です。適度な運動やストレッチは、本能的にやらなければ行けません。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ