逃げ癖を治したい! 物事から逃げる原因とは?

EPRUD1TPG0-2

 

「一度逃げ癖がつくと、ずっと逃げることになるよ」

 

こんな言葉を言われた事が有ります。出来ない、面倒くさい、眠い、だるい、後回し、怖い。そんな言動をした後には必ず、後悔がついてきます。時間はあったのに、これをやれたのに、単位を落とした、期限に間に合わなかった。様々な後悔で思い悩んでしまいますが、時間は帰ってきません。

 

ここで混同してはいけないのが、それが自分がやろうとおもった事(苦難)から逃げているのか、やりたくもないこと(苦痛)から逃げているのか。苦痛からはどんどん逃げても良いと思います。それは逃げではなく、自分が思う「正しい方向へ進んでいる」という事になりますから。破滅を迎えてしまう前に、逃げるが勝ちです。

 

しかし、自分が目標としている事であったり、成し遂げたいと思った事から逃げてしまっていては、いっこうに前には進む事が出来ませんし、後悔をして人生を終える事になってしまいます。どうすれば「逃げ癖」を直す事が出来るのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

逃げ癖が起きる原因

 

普段から逃げる練習をしているから

逃げ癖が起きる原因は、「逃げ」の積み重ねに有ります。日常にある1つ1つ小さな選択において、出来ない、面倒くさい、眠い、だるい、後回し、怖い、そういった幻の感情から「逃げ」を選択し続ける事で逃げ癖は着実に習慣化していきます。

 

努力はかならず報われます。「逃げる努力」も数をこなす事で立派な「逃げ癖人間」を形成するのです。上手く出来ていますね。明日からやろう、は一生やら無いと言っているのと同じ事なのですね。

 

目標が大きすぎる

やってみても、上手く行かない事が有ると、そこで一度ひるんでしまうのは普通の事です。何で上手く行かないんだろう、もうやだ、やりたくない。ここで一度「逃げ」という手段を選択し、気持ちが収まったところで、もう一度やろうとしてみても、また同じ壁にぶつかり、また「逃げ」を選択します。

 

自分が出来ないような、大きすぎる目標を設定してしまうと、いっこうに前に進む事が出来ず、挫折の連続になります。幼稚園児が、バイクに乗りたいと言って、地面に足がつかなくて泣いてしまう。泣き止んで、また乗ろうとするけど、やっぱり足がつかない。という行為を繰り返しているような物です。これは逃げますよね。元々出来ない事なのですから。

 

Sponsored Link

 

逃げ癖を直すには?

 

あえて困るようにする

私たち人間は一日生活する上で何千、何万個もの選択をしています。朝起きるのも選択、歯を磨くのも選択なのです。自分がやらなくては行けない事、やろうと決めた事をやるのも、やらないのもすべて選択です。やろうと決めた事をやらなくても、自分が困ることが無ければ、逃げるという選択肢は自然と出てきます。

 

やらなくても、別に困る事は無いですからね。そこで、やらなければ困る状況に自分を追い込んでみるのも一つの手です。人間が変化をするには苦難を伴うのは当然のこと。自分に程よいプレッシャーをかけてみましょう。自分1人で出来なければ、周りの人にお願いしてみるのも良いかもしれません。「宿題をやらなければ、飯抜き。と母親に約束する。」など。

 

小さな勇気を持つ

冒頭にも書いた「出来ない、面倒くさい、眠い、だるい、後回し、怖い」という感情は体外が幻です。本当に出来ないと思ったり、本当に怖いと思う事を人間はやろうとしません。しかし、自分がこうなりたい、こうしたいと思った事は、あなた自身の過去のデータからあなたが決めた事なのですから、出来ない事は無いはずです。

 

出来ないと思っていた事でも、やってみたら意外と簡単だったという事も有りますよね?3秒前にはできないと思っていた事が、3秒後に出来ている。この3秒間で踏み出す事が出来たのはあなたが「勇気」を振り絞ったからです。数々の局面で、この小さな勇気を試せるようになると、出来る事の幅が広がっていきます。

 

順序を考える

大きな目標を掲げて挑み破れるというのは、いきなりラスボスと戦っていては即返り討ちに有ってしまうようなものです。1stステージから着実に戦闘を重ねて、経験値とレベルを増やしていく事で初めてラスボスを倒す事が出来ます。

 

大きな目標を掲げたら、その下に、それを達成する小さな目標を1個1個小出しにして書いていきましょう。今の自分であれば達成できるところにまで落とし込みます。余裕でクリアできるくらいまで落としこんでみると良いかもしれませんね。

 

そして一日の終わりに、勝ち負けをカウントしてみましょう。あした自分がやろうと決めた事を紙に書き出し、翌日にそれを何個クリアできたのか、勝敗を付けるのです。今日は3勝4敗、今日は全勝、今日は1勝7敗。そうすることで自分がどれだけ逃げたかの記録を見る事ができます。このようにして、逃げ癖が無くなるプロセスを快感に感られるようになれたら、素晴らしいですよね。筆者もがんばろうと思います。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ