バスケのシュートで飛距離を伸ばす5つのコツ・遠くにボールを飛ばす方法

Embed from Getty Images

 

3ポイントシュートの練習をしていても、リムに届かなかったり、ショットの安定性にかけてしまったりする事は誰しもが通る道。NBA選手がキレイにスリーポイントシュートをパサパサと決める様を見ていると簡単に出来てしまうようにも見えますが、実際やってみると上手く行かない物ですよね。

 

正確にシュートの飛距離を伸ばしていくためには、何が正しくて、何が間違っているのかを学ぶ必要が有ります。間違った方向に練習をしてしまうと、間違ったシュートのプロフェッショナルに近づいてしまう事になりますからね。今回は、シュートの飛距離を伸ばす5つのコツをご紹介します。

 

Sponsored Link

 

1.身体の強さとパワーを鍛える

 

シュートに身体の強さなんて必要なの?と思ってしまいがちですが意外にも、大切な事です。原理は簡単な事で、物を遠くへ飛ばすためには、それ相応の「砲台」が必要になります。今の自分の力でボールを遠くへ飛ばせないのであれば、その土台となる砲台を強化していけば良いのです。

 

ちょっとやそっとでバランスが崩れないように体幹をきたえる、素早いドリブルからのシュートや、キャッチからのシュートに耐えられるような足を作る、安定したシュートを生み出す前腕部のトレーニング、など物理的に物を遠くへ飛ばすために必要な「砲台」の部分をまずは鍛えていきましょう。

 

トレーニングを続けていれば、今よりも楽に、ボールを飛ばせるようになってくるはずです。注意しなければ行けないのは鍛えすぎて、普段の感覚を失ってしまう事。ある程度良い感覚でボールを遠くに飛ばせるようになってきたら、トレーニングの量を調節していきましょう。

 

2. 反復練習で「力の量」を身体に覚えさせる

 

実際にコートで3ポイントの練習をするにあたり、どれだけの力でボールを放れば自分に取ってしっくりくるのか、まずは身体に「力の量」を覚えさせる必要が有ります。それを「マッスルメモリー」が記憶するまで、反復で何度も何度も練習を繰り返していく必要が有ります。

 

ゴール近くのシュートから練習を始めて、徐々に徐々に外へ広げていきます。フォームの形を崩さないように意識しながら、ミッドレンジと同じリズム、テンポで打てるようになるまで練習を繰り返していきましょう。

 

 

3. バックボードの「裏」をめがけてシュートをする

 

飛距離を伸ばすための最適な方法として、バックボード裏にシュートを打ってみる練習はとても有効的です。周りに人がいると、「あいつ、何やってんだ?」なんて言われてしまいそうですが、バックボード裏を超えるためには、それ相応の飛距離と、高さが必要になってきます。

 

これを繰り返すうちに、必然的に3ポイントシュートに必要な「力の量」を鍛える事が出来るのです。正確にバックボード裏にシュートをコントロールできるようになってきたら、徐々にリムを狙っていくようにしましょう。以前よりも、楽に、高い彷佛線を描いたシュートが出来るようになっているはずです。

 

Sponsored Link

 

4. ディップする

 

シュート前に、身体を沈め、一度ボールを下げて、また上に持っていく動作のことを「ディップ」といいます。この動作を取り入れる事で、リズム感覚と、力のコントロールをする事が出来ます。この動作はレイアレン、ステファンカリー、スティーブナッシュなどリーグのベストシューターがほとんど取り入れている動作です。

 

 

動画を見てみると、ボールを受け取ってからシュートを打つ前に一度「グンっ」と身体と腕を下に沈めているのがわかります。この動作を意識して取り入れてみましょう。

 

 

5. 集中的に練習をする

 

ダラダラと3ポイントシュートを放つだけの練習をするよりも、パートナーをつけて、テンポよく練習をする事をお勧めします。一度自分のシュートフォームが確立したら、速く、クイックに練習していきましょう。自分の限界を極めるように黙々と練習していきます。

 

クイックに練習をしていて、段々シュートが外れるようになってきたら、一度手を止めましょう。それは自分を追い込んでいる(限界を超え始めている)サインであり、悪い習慣が(いつもと違うフォーム、感覚)出始めている証拠です。良い感覚を身体に覚えさせるためにも、強弱をつけた練習を心がけましょう。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ