何がしたいのかわからない! 自分に向いてる仕事を探す方法

 

自分が何に向いていて、何をやりたいのか、それを見つける事って意外と難しかったりします。しかし、生きていくためにはお金が必要であり、仕方が無く今の仕事をしているという方も多いのではないでしょうか。

 

自分の人生は、白いキャンパスに絵を描くように、何を書いても自由なのです。必ずしも、9時から働かないと行けない訳では有りませんし、必ずしも大学に行かなくては行けない訳でもありません。でも、「自分って何がしたいんだろう、、」ふとそう考えてしまうときがあります。

 

Sponsored Link

 

1.今やりたくないことをやっていたとしたら早く辞める

「こんな仕事やりたくないや」「なんのために大学にかよってるんだろう」こう思っていたら、それはすべて人の意見を参考に選んだ人生の選択肢です。自分が心から納得して下した決断ではないため、どうしても不平、不満が出てきます。しかし、これは自分がやりたい事ではないと心に思いながらも、そこにとどまり続けてしまいます。

 

とどまり続けてしまう理由は、「じゃあ何がしたいの?」という自分自身への質問に答えが出ていないから。この答えが出ていればすぐに辞めて次に進む事が出来ますが、答えが出ない限り、そこにとどまるしか有りません。しかし、とどまり続けてしまっていては、答えも出る事はないでしょう。まずは現状から抜け出してみるのも1つの手です。

 

すでに「なんか違うんだよな」という違和感を感じている時点で、「やりたいことではない」という答えは明白になっているのですから、抜け出す意外に選択肢は無いのです。しかし、次にやりたい事が決まっていない状態で現状を抜け出す事は、不安と焦りを伴います。この不安と焦りが、次のステップをみつける重要な鍵になるのです。

 

2. 何がしたいのか考える時間を作り出す

例えば今とある仕事をしていて、「違和感」を感じていたとします。しかし次にやりたい事がわからない。そうこうしているうちに、また仕事の時間がやってきて、いつもの環境に慣れしたしんでしまう。結局悩みながら、残り続けます。しかし現状に残り続けても、時間の使い方、環境は変わらないので、「何がしたのかわからない」という疑問は解決する事は有りません。

 

考える時間がなければ、長期の休みを取る、辞めるなどして考える時間を作り出す必要が有ります。今と違う観点を持てる状況に自分を持っていきましょう。水がいっぱいになったバケツに新しい水を入れるためには、今入っている水をこぼす必要が有ります。与えられている時間は誰しも24時間であり、それ以上増やす事は出来ません。

 

もし会社を辞めたとしたら、焦りや不安は生じてくるかと思いますが、逆にこの力は集中力を増してくれます。普段考えていた仕事のコトは考えずに、本来考えるべき事にだけ時間を割く事が出来るようになります。生活に不安があったらまずは貯金をする事。3ヶ月生活するだけの貯金が有れば、考える期間を作りだす事が出来ます。

 

Sponsored Link

 

3. 自分の興味に従う

明確なキャリアプランが想像できていなかったとしても、自分が何に興味を持っているかは明白なはずです。人生の時間が限られているのであれば、自分が興味の有る事に時間を費やした方が、充実度が違ってきます。あなたが興味のある事柄をやるということは、あなた自身の特権になるということ。ユニークな存在になれるチャンスなのです。

 

 

「そんなこと言っても、自分が何に興味が有るかわからない!」そんな想いに駆られる人もいると思いますが、自分の興味は日常に潜んでいます。簡単に言うと、今日の夕食何を食べたいか、それと同じです。コンビニに行って弁当を選ぶときに、少し迷って「カツ丼」を選んだとすれば、あなたが「食べたいもの」はカツ丼なのです。洋服を選ぶときも同じです。感覚的に、この色が良いな、この形が好きだな。それが心の声です。まずは心の声を聞いてみましょう。

 

絵を描くのが好き、ぐーたらしてるのが好き、歌を歌うのが好き、何でも良いです。心の声を聞いてみると自分の人生に取ってやりたい事って「あれ?こんなもん?」という事も有れば、「あれもしたい、これもやりたい」とたくさん出てくる事も有るでしょう。必ずしも世間からみて「凄い事」である必要は有りません。自分の人生なのですから、他人の評価を気にしていても、何の特も無いですからね。

 

 

4. お金の心配を無くしてから取り組む

生きていく上で、お金は切っても切れない関係に有ります。食べるにも、住むにも何をするにもお金は必要になってきます。やりたい事をやりながら生きていくためには、生活するために最低限必要なお金がなければいけません。このバランスが崩れてしまうと、やりたい事をあきらめなければ行けなくなってしまいます。

 

もし「やりたいこと」で仕事が合ったとしたら、そんなに幸せな事は有りません。人によっては、その仕事は雑用に見えることもあるでしょう。でもそれが自分に取ってやりたい事だったとしたら、自分はそれを雑用とは思わないはず、むしろ仕事にすら感じないはずです。楽しい事をしながらお金をもらう事が出来る。こんなに幸せな事は有りませんよね。

 

もしあなたの仕事があなたの人柄と一体化したとき、あなたはユニークでパワフルな存在になる事が出来ます。そしてその仕事を通して自分を表現する事が出来るようになれば、自ずと人を引きつける事が出来るようになります。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ