ジェームス ハーデンの名言集・人生を楽しむ生き方

 

ヒューストンロケッツのエース、ジェームスハーデン。正確無比なアウトサイドシュート能力と、変幻自在なステップから繰り出されるインサイドプレーで得点を量産。名実共に、現代NBAを代表するスターの1人です。トレードマークのあご髭のインパクトは強烈です。

 

彼はとてもマイペースな性格で、おっとりしているようにも見えますが、心の中には静かな闘志が秘められています。芯が通った、自分の考えを貫いてきた男はどんな名言を残しているのでしょうか。

 

ジェームスハーデン名言集

My dream was to be in the NBA. I wasn’t really focused on being a star player on a team. I just wanted to make it to the NBA. I’ve been blessed for the opportunities to be in the Finals, been in the playoffs ever since I’ve been in the NBA.

“俺の夢はNBAでプレーする事だった。スタープレーヤーになろうと思った事は無い。ただNBAに入りたかったんだ。NBA入りして初めてプレーオフに進出できて、ファイナルにも進出できたのは幸運だった。”

In any situation, I’m going to be good.

“どんな状況でも、オレは活躍できる”

Now, I’m back to my old ways: Needing to be the leader, needing to score.

“今は昔に戻ったよ。リーダーになる必要が有るし、得点を取る必要もある。”

Some guys travel with expensive Louis Vuitton luggage but it gets all scratched up under the plane. I’d rather not spend too much money on something that’s just going to get messed up.

“みんなヴィトンとか高価な鞄で旅行をするけど、飛行機に積むと傷がつくでしょ。オレはそういう物にお金は使わない。”

Sponsored Link

I’ve never had much notoriety. It’s fine with me.

“オレはこれまで悪評をつけられた事は無い。良い事だ。”

I took a back seat and did whatever it took for the team to win.

“脇役に徹して、チームが勝つためなら何でもやってきた。”

This year I’ve just been aggressive. I still have that mindset of passing the ball, and being aggressive and attacking to the basket is going to draw more attention, and that way I can find my teammates. Being in attack mode is something I try to bring into every single game, and that’s what’s making me be so successful.

“今年はかなりアグレッシブだよ。まだパスをするマインドも有るし、相手を引きつけるためにバスケットにアグレッシブに向かっていく事もする。そうすることでチームメイトを見つける事が出来るんだ。毎試合、「アタックモード」でいられるように勤めてる。それがオレの成功の秘訣だ。”

I’m old school. I’m not the fastest guy or the quickest guy.

“オレはオールドスクールだよ。素早くもなければ、クイックでもない。”

Sponsored Link

There are a lot of guys who play in the NBA. There aren’t a lot of guys who have a chance to win a gold medal, too.

“NBAでプレーしている選手はたくさんいるけど、金メダルを獲得するチャンスがある選手はそうはいない。”

In a business, you’ve got to move on.

“仕事では、とにかく前に進むんだ。”

That excitement on the court, I’m the same way off the court. I like to have fun, meet people; I like to give high-fives to the kids courtside. Just have fun. That’s kind of my personality, that’s how I’ve been.

“コート上での興奮は、コート外でも同じだよ。楽しむのが好きだし、人に会う事も好きだ。コートサイドにいる子供達とハイタッチするのも好きだね。とにかく楽しむ。それがオレの人格だし、そうやって生きてきた。”

Being named as a finalist for the USA Basketball National Team is an unbelievable feeling and an opportunity that is truly humbling. It is an honor to be included with such talented players and I look forward to the chance to represent my country this summer.

“アメリカ代表の最終候補に選ばれたのは、信じられないような機会だし、本当に幸運に思ってる。才能ある選手の中でプレーできるのは光栄な事だ。この夏は、国を代表して戦える事を楽しみにしている。”

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ