ジェイソン ウィリアムスの名言集・自分の言動に責任を持つ

1998年のドラフト7位で指名を受けたジェイソンウィリアムスは、サクラメントキングスに入団。NBA入りするや否や、その魔術的なパスとボールハンドリングで観客を魅了。中でも彼が見せる「肘パス」は、日本でも憧れて真似をしていた人も多いのではないでしょうか?

 

 

2003-2004シーズンには当時弱小と歌われていたメンフィスグリズリーズを初のプレーオフ進出に導き、マイアミヒートに移籍した2006年では、ドウェインウェイドらと共チャンピオンリングを獲得しています。NBAの歴史にそのなを刻んだホワイトチョコレートはどんな言葉を残したのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

ジェイソンウィリアムス名言
I must be responsible and accountable for my actions.“オレは自分の言動に責任をもてるようにならないといけない。”

We play fair and we play hard. If we win the game we win, if we lose the game, we lose.“フェアにプレーして、ハードにプレーする。もし試合に勝てばオレらの勝ちだし、もし負ければ負けという事。”

I’m not letting him write anything. I didn’t do anything. I just took his pen.“オレは彼に何か書かせようとはしてない。オレは何もやっていない。ただペンを取り上げただけだ。”

He had the injury and I think he was hesitant to do what he did before. It was kind of tough.“彼は怪我をして、前の自分がやっていた事をやるのをためらったんだろう。タフだったよ。”

Sponsored Link

The media is going to treat you good one day and bad the next day.“メディアっていうのは、ある日は良い扱いをしてくれるけど、次の日には最悪だ”

Once I’m out there it’s fine.“おれがそこからいなくなれば、それでOKだ。”

Every day people say you got to move on with your life. You have to move on. And you just can’t.“人生で進み続けなければならないって皆いうけど、そう簡単に出来ないもんだ。”

They never give up. That’s what makes them good.“あきらめない姿勢が、そいつらを向上させるんだ。”

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ