ケビンデュラントがウォーリアーズへ移籍! 他選手の反応は?

 

オフシーズン序盤、とんでもないニュースが流れてきました。フリーエージェントとして他チームと交渉をしてきたケビンデュラントが最終的に選んだのはウォーリアーズでした。

 

プレーオフでは苦戦をした物の、73勝を上げたチームに加入を決めたデュラント。彼はどのような心境で、今回の移籍を決断したのでしょうか。

 

デュラントがウォーリアーズに加入を決めた理由

 

2007年にシアトルスーパーソニックスに加入後、9年間チームを支えてきたデュラントですが未だ優勝経験が無い彼が選択した道は、昨年の覇者の一員となる事でした。

デュラント:「今回の決断はプレーヤーとしてのポテンシャルをさらに飛躍させるための物だ。この考えはこれまでも自分を正しい方向へ導いてきた。それに加えて、今はキャリアの中でも1人の男として、進化のときを迎えていると思う。」
「自分の安住の地から抜け出して、新たな地へ足を運んで貢献するために、自信の成長のためにね。この考えから、僕はゴールデンステイトウォーリアーズに入る事に決めた。」

NBA9年目となるデュラント。始めたファイナルに進出したのは2012年のことであり、現在27歳。キャリアも中盤にさしかかった中で、本人としても苦渋の決断だったのでは無いでしょうか。

 

Sponsored Link

 

ウォーリアーズのメンバーが総出でリクルート

 

交渉のミーティングでは、スティーブカーHC、ドレイモンドグリーン、クレイトンプソン、ステファンカリーも帯同していたようです。ミーティング終了後、カリーはデュラントにメッセージを送ったそうで、ウォーリアーズの強みである「全員で戦うこと」を再度強調したとか。

カリー:「誰がフランチャイズの顔であるかなんて気にしない。誰が一番ファンの記憶に残るのか、誰のシューズが一番売れるのか、そんな事は問題ではない。」
「デュラントがもう一度シーズンMVPを獲得したらそのときは、最前列で拍手を送るよ。僕が一番気にしているのはチャンピオンシップのことだけだ。チームメイトとして、それを一緒に成し遂げたい」

 

There’s going to be a whole lot of splash in Golden State. A new era begins…

NBA on TNTさん(@nbaontnt)が投稿した写真 –

 

オフコートでは、2年連続シーズンMVPを獲得したステファンカリーと仲が良い事でも知られ、アンセルフィシュなプレーヤーであるデュラントが加わった事で、ウォーリアーズのチームワークにさらに磨きがかかりそうですね。

 

Sponsored Link

 

各選手達の反応は?

 

73勝を達成したチームに、ケビンデュラントが加入したとなれば、黙っていられる選手はそうはいないでしょう。各チームからも、驚きを隠せない声が多数上がっています。

 

 

ポールピアース:「その相手をたおせないのなら、仲間に加わってしまえば良いということか。」

 

 

ダミアンリラード:「これで試合が変わるな、、」

 

 

ジェフティーグ:「スプラッシュファミリーじゃねえか笑」

 

アンドレドラモンド:「ケビンデュラントがウォーリアーズだって。みんなどう思う?」

アイザイアトーマス:「もしNBA2k17でウォーリアーズを使ったら、相手のコンピュータがめちゃくちゃ弱く感じるんだろうな。笑」
ジェレミーリン:「まじかよ、、」

 

2015-2016シーズン、すでに無敵の艦隊であったウォーリアーズ。対戦してきた選手達は、その強さを肌で感じていた事でしょう。驚くのも無理は無いのかもしれませんね。

 

ファイナルではスモールラインアップが裏目に出たので、インサイドプレーヤーを補強するだろうと誰もが予想していた中での出来事。しかし、NBAは何が起こるかわかりません。

 

強力なラインアップを揃えてもイージーに勝てるという事は無いでしょう。(2004年、2012年のレイカーズのように、、)来シーズン、NBAファイナルに三たび駒を進める事が出来るのか。今から楽しみですね。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ