コービーブライアントの名言集・勝負師から学ぶ成功の法則

コービーブライアント。彼がこれまで積み上げてきた功績は延々と語り継がれる事でしょう。幾度となく強烈なプレッシャーをはねのけて沈めてきたクラッチショット、1試合81得点の偉業、現役選手最多の5回の優勝経験。

彼のバスケットボールに対する姿勢はもちろんのこと、ここまでの功績を残す選手の心理とはどういった物なのでしょうか?コービーブライアントの名言についてまとめてみました。

Sponsored Link

 

コービーブライアント名言集

I can’t relate to lazy people. We don’t speak the same language. I don’t understand you. I don’t want understand you.

”おれは「だらしのない人」とは無縁だ。俺たちは同じ言葉をしゃべらないんだよ。理解ができない。理解を使用とも思わない”

Everything negative pressure challenges is all an opportunity for me to rise.

”プレッシャーや挑戦、ネガティブな事のすべてが俺にとったら成り上がるための良い機会なんだ。”

I’ll do whatever it takes to win games, whatever it’s sitting on a bench waving towel, handling a cup of water to a teammate, or hitting the game winning shot.

”ゲームに勝つためだったら何だってやるよ。ベンチでタオルを振ることだって、チームメートに水を渡す事も、ウイニングショットを決める事も。”

The moment you give up, is the moment you let someone else win.

”お前があきらめるっていうことは、相手が勝利を手にするって言う事だ”

 

Sponsored Link

 

If you do not believe in yourself, no one will do it for you.

”自分が自分を信じてあげないと。誰も信じてはくれないよ”

Life is too short to sit around and hold grudges. It doesn’t make any sense to do it.

”人生は座って人を恨んでいるには時間が短すぎる。そんなことする意味なんて何も無い。”

The most important thing is to try and inspire people so that they can be great in whatever they want to do.

“一番大切な事は、人々を鼓舞する事。そうすればみんな自分の舞台で素晴らしい存在になれる”

If you’re afraid to fail, then you you’re probably going to fail.

“失敗する事を恐れていたら、きっと失敗するよ”

Sponsored Link

I have self doubt. I have insecurity. I have fear of failure. I have nights when i show up at the arena and I’m like, “My back hurts, My feet hurt, my knees hurt. I don’t have it. I just want to chill. We all have self doubt. You don’t deny it, but you also don’t capitulate to it. You embrace it.

“自信喪失するときが有るよ。失敗に対しての恐怖もある。アリーナに到着して、背中が痛い、足が痛い、膝が痛い、本当はそんな事無いのに、休みたいんだろうね。だれでも自信を喪失する事は有るさ。ただそれを否定しないで、それに降伏せずに、抱きしめてあげるんだ。”

I focus on one thing and one thing only. Thats trying to win as many championships as i can.

“僕は1つの事だけに集中してる、1つの事だけだ。たくさんのチャンピオンシップを手にすること”

I’m here. I’m not going anywhere. No matter what the injury, unless it’s completely debilitating, I’m going to be the same player I’ve always been. I’ll figure it out. I’ll make some tweaks, some changes, but i’m still coming.

“僕はここにいるよ。どこにも逃げない。どれだけ怪我をしようとも、衰弱しない限りね。僕はこれまでの僕で有り続ける。少し考えるよ。”

I’m chasing perfection.

“僕は完璧を追い求めているんだ。”

Can i jump over two or three guy like i used to do? No. Am i as fast as i used to be? No. But i still have the fundamentals and smarts. Thats what enables me to still be a dominator player. As a kid growing up, I never skipped steps. I always worked on fundamentals because I know athleticism is fleeting.

“昔のように2、3人を飛び越す事は出来ない、昔のようなスピードも無い、でも僕には基礎と知識が有るんだ。それがあるから僕はにはまだ支配力が有る。小さい頃は、何かを飛ばして学ぼうとしたことはないよ。いつも基礎を練習してた。競技力は衰えていく事を知ってたから。”

 

いかがでしたでしょうか。名選手が放つ言葉という物はシンプルで的を得ている言葉が多いですよね。何かこう、はっとさせられるような。努力の先には多くの言葉は必要は無い、勝者から聞こえる言葉は重みが違いますね。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ