コービーが将来のレイカーズについて語る

 

4月16日、1人の伝説は60得点を上げて、ユタジャズを相手に大アップセットを演じ、そのキャリアに幕を閉じました。これ以上無い形で、彼らしい終わり方で。

 

20年もの間、レイカーズに君臨してきた大エースが抜けた今、チームにはブランドンイングラムという新たな希望が舞い降りました。引退した今、コービーが見据えるNBAの将来とはどのような物なのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

チームUSAについて

コービー:「彼らのそばにいるし、チームUSAの何人かとは未だに話をしてるんだ。彼らなら大丈夫だよ。バスケットボールは世界的なゲームになって、よりタフになってきてる。簡単には行かないさ。」

 

3人目の子供について

コービー:「本当に幸せな気分だよ。引退して数ヶ月して、3人目の娘が生まれてくる。こんな幸せな事が起きて、、さらに最高な気分だよ。」

 

NBA選手としての生活から引退生活へ

コービー:「人生を通して作り上げてきた生活から引退する事はアスリートに取っては辛い物だよ。次の生活に適応できるようにしているつもりだ。人生は常に挑戦の連続。他のアスリートに対して、自分が愛する物と同じくらい愛する物へ移る事は可能なんだって証明してみせたい。」

 

レイカーズのオフシーズンと将来について

コービー:「チームの核は若くて、とても良い選手が揃ってる。後は皆で一緒にどれだけ成長できるか、一つ一つの素材をいかに組み合わせる事が出来るかだと思う。彼らはものすごく良い機会を得ていると思うよ。」
「彼らはまだまだプレーを向上させる事が出来るし、もっと強くなれる。たくさんの可能性を秘めているんだ。早い段階で、チーム一丸となれれば良いよね。」

 

Sponsored Link

 

ブランドンイングラムについて

コービー:「彼はいいテンポでプレーしてるよね。ペースもいい感じだ。彼の”長さ”が好きだよ。ボールハンドルスキルも素晴らしい物が有るし、フロア上でスポットを見つけるのも上手い。ディフェンス面で素晴らしい選手になれる素質を持っていると思う。」
「手も長いし、足も長いしね。だからこそ、オフェンスにフォーカスをして、自分が何が出来るのかを追求してほしいと思ってる。」

 

ルークウォルトンヘッドコーチについて

コービー:「彼ならチームを正しい方向へ導けるよ。チャンピオンシップチームの基礎を築けると思う。個人的なプレーをするチームではなくて、目的をもってボールをたくさん回すチームだ。」
「選手達もちゃんと状況に応じてどのようにボールが回るかを理解するんだ。そういうチームは脅威になるからね。チームにはちゃんと考えられる選手が揃ってる。」

 

若いレイカーズのサポートについて

コービー:「出来るならもちろんするさ。今はたくさんやる事があって忙しいけど、喜んで立ち寄るよ。ルークとブライアンショウには幾度か話をしてるんだ。選手達にもいつでもそばにいるって言ってあるよ。いつでもそばにいる。」
「もし彼らがワークアウトをしたければ、朝早く起きてワークアウトするし。それが彼らの進歩につながると良いよね。レイカーズは僕の家族だ。だからいつもそばにいるよ。」

 

この男が「そばにいる」と言ってくれる事程、安心できる言葉は有りませんよね。レイカーズの伝説は、これからも陰ながらレイカーズを支えてくれる事を約束してくれました。それだけで、十分ですよね。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ