人生を楽しむ方法を学ぶ・クリスティアーノロナウドのエピソード

 

「人生の楽しみ方」は人それぞれによって異なってきます。皆に違った価値観が有り、皆に違った性格が有ります。人生を楽しむコツという物は、誰に聞いても答えが出ないものであり、人に教えてもらうものでもなく、自分で見つける物なのかもしれません。

 

レアルマドリードのフォワード、クリスティアーノロナウド選手は全世界で絶大な人気を誇る選手ですが、彼がなぜ魅力的な人間であり、「人生を謳歌している」と世間から評価をされるのか、彼のエピソードを交えながら「人生の楽しみ方」の参考にしていきましょう。引用:Youtube

 

Sponsored Link

 

とにかくなんでもやってみる
ロナウド:「家族はみんなサッカーが好きだったんだ。僕はいつもストリートでプレーをしてたんだけど、ある日お父さんが僕のところに来て、「クラブチームに来いよ」って誘ってくれたんだ。そこからチームでサッカーをやり始めたんだけど、そのときかな、自分は周りと違うと感じたのは。ただ楽しんでやってた。」

もし当時ロナウドが父親の誘いを断っていたら、もしロナウドがストリートでのプレーに固執していたら、彼は自分の隠された潜在能力を知る事は無かったでしょう。人生のチャンスはいつどこで訪れるかわからないのです。そのチャンスに巡り会うためにはどうすれば良いか。何でもやってみるしか有りません。

 

 

競争心を持つ事
ロナウド:「僕に取って競争心はとっても大切な事なんだ。試合とかトレーニングのときだけではなくて、家族といるときも競争心を持ってるよ。僕はそういう人間だ。人生で競争する事が大好きだし、僕の一部だ。」

人と競い合う事は、何もスポーツだけに限った事では有りません。仕事も、趣味も、家族も、そこにコミュニティーが存在すれば、その中に順位付けはついてくる物です。何事にも「負けたくない」という強い想いが、全力を出す力となり、あなたの能力を開花させるきっかけとなります。

 

 

いつでも新しい挑戦をする
ロナウド:「マンチェスターは始めから終わりまで僕のすべてだった。あそこでは僕は欲しい物のすべてを手に入れる事が出来たんだ。だから移籍をした。新しい挑戦をするためにね。契約がどうこうという事ではなくて、一番の理由は挑戦だ。自分自身に何が出来るかを試すのが好きなんだ。」

血のにじむような努力をして難関大学に合格したとしても、その後に燃え尽きてしまい、何も考えられないまま就職にたどり着いてしまうという話は良く耳にします。自分の大きな目標を達成したからといって、人生が終わる訳では有りません。一つやり遂げたら、また次の目標に向かって挑戦する事で、人生の思い出は増えていきます。

 

 

自分にとっての優先順位を知る
ロナウド:「僕に取って一番大切な事はサッカーだ。それ以外の何者でもない。」

自分が何が好きか、自分が何をやりたいか、それを押し殺して、周りに合わせてしまうのは、本当にもったいない事です。自分がやりたい事が合っても、飲み会についていってしまう、自分がやりたい事が合っても、友達に嫌われたくないから誘いを断らない、これでは自分の人生を歩む事は出来ません。好きな事だけやりましょう。

 

Sponsored Link

 

人の評価は気にしない
ロナウド:「人は君が誰かなんて知らないよ。みんな自分が何かしら無い物に対してジャッジしたがるんだ。その中で生きなければ行けない。でも皆は僕の人間性やキャラクターを変える事は出来ないし、僕の知識も変える事は出来ない。時として僕は人に好かれないようなプレーをするだろう。でもも僕なんだ。」

人は、その人の価値観で物を決めます。梅干しが好きな人からすれば、梅干し嫌いの人のことは信じられない訳です。人間も十人十色、価値観はそれぞれ違います。つまり、人から言われる事を気にしたところで、どうしようもありません。自分が正しいと思ったらそれは正しい事です。

 

 

真剣に努力する
ロナウド:「努力は必須だよ。僕は毎日欠かさない。僕がこのレベルでプレーが出来ているのはそういう事だ。12歳のときに言われたんだ。僕には才能が有るけど、身体が細いって、それを心に受け止めた。身体は鍛える事で強くする事が出来るでしょ?だから努力し続けるんだ。身体の仕上がりは大きな違いを生む」

現状の生活に満足をしてしまうと、人間はそれ以上の努力をする事は無くなります。ウサギと亀の話のように、常に歩き続けている人は、怠慢な人をやがて追い越す事になるでしょう。人間はどうあがこうと完璧な存在には慣れません。しかし、完璧になろうとする事は出来ます。

 

 

自分がベストだと信じる事
ロナウド:「自分がこの仕事でベストだと思う事が出来なければ、そこに野望は無い。自分の仕事では僕がベストな存在だって思わないと行けない。実際僕はベストなサッカープレーヤーではないのかもしれない。でも、頭の中では、僕が一番だ。」

「自分が一番だ」と自分に言い聞かせる事はとても大切な事です。あなたの脳、身体は、あなたの感情で思った事を具現化させます。「自分はダメダメだ」と思っていれば、脳も、身体も、ダメダメな行動しか取りません。まずは自分を信じる事。何かを成し遂げる第一歩は、「自分なら出来る」と思う事から始まるのです。

 

 

他人への感謝の心を忘れない
ロナウド:「毎年僕がプレーするのはチームでトロフィーを獲得するため。あとチームメートへの感謝の心を忘れない。彼らはたくさん僕の事を助けてくれるんだ」

人間は誰しも、他者とかかわり合いを持って生きています。家族、同僚、クラスメイト、、人と人が支え合って初めて共存が可能になります。あなたが困っていたら、手を差し伸べてくれる仲間がいる、落ち込んでいたら、励ましてくれる友達がいる、これが無ければ、私たちは生きていく事が出来ます。常に感謝の気持ちを。

 

 

今を楽しむ
ロナウド:「ここ6-7年の僕のキャリアで、僕は同じレベルをキープしている。それはなぜかって言うと、長い期間、自己犠牲と、努力をしてきたから。これから先もそれは変わらないよ。僕が納得するまでね。だからこそ今を楽しむ事が大切なんだ。そうすれば未来のことは心配しなくても良い、このままの調子を保てば、未来も良くなる事はわかっているからね。」

人生はもしかしたら明日終わってしまうのかもしれません。どうしても叶えたい目標が合っても、明日隕石が地球に落ちて来るかもしれません。今を全力で生きなければ、後悔するのは明日の自分であり、明日の自分に後悔をさせる事を繰り返してしまったら、人生を後悔する事になります。

 

人生を楽しみたければ、人生を後悔の無い物にしたいのであれば、1日1日を全力で楽しんで、生きることが大切です。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ