レブロンジェームズの年俸は?ステファンカリーも訪れた豪邸とは?

 

現在NBAのプレーヤーで総合的なNo1プレーヤーはやはりレブロンジェームズでしょうね。体格、スピード、ボールハンドル、シュート力、ドライブ、ジャンプ力、パスセンス、30歳になった現在は20代の頃の勢いに経験を加え、さらにアンストッパブルな存在になっています。

 

幼少期にレブロンの父親は家庭を去っており、母であるグロリアさんはレブロンを守るべく仕事を続け、周りの環境と戦ってきました。

 

そんなレブロンは高校を卒業し鳴り物入りでクリーブランドキャバリアーズに入団。高校在学中にナイキと契約を結びその額なんと当時7年契約で90億円! NBAでプレーする前の高校生にこれだけの額を提示する事は異例ですよね。

 

裕福とは言えない生活をしてきたレブロンにとっては、今まで守ってきてくれた母親への最高の親孝行になったのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

2015-2016シーズンの年俸は28億円

レブロンジェームズのルーキーイヤーからのサラリーです。

2003 – 2004 5億円
2004 – 2005 6億4000万
2005 – 2006 6億8000万
2006 – 2007 7億円
2007 – 2008 15億円
2008 – 2009 17億円
2009 – 2010 18億円
2010 – 2011  17億円
2011 – 2012  15億円
2012 – 2013 20億円
2014 – 2015 23億円
2015 – 2016 28億円
出典:Forbs.com

レブロンが初めてファイナルに進出した2007-2008シーズンを派切りに年俸が倍となっています。マイアミヒートに移籍をした際には若干の下りが有る物の、キャバリアーズに戻ってきてからは過去最高の年俸額を獲得しています。

チームとの契約金に加えて、現在13作まで制作されているシグネイチャーモデルをもつナイキ、トレーディングカードのアッパーデック等の収入をふくめたレブロンジェームズの総資産額はなんと推定

 

450億円!!!!!

 

30歳にしてはやくもコービーブライアントに迫っています(コービーの総資産)。引退までにコービーの総資産を超える事は確実ですね。

 

自宅にボーリング場完備?
lebron-james-new-house-in-miami

出典:the305.com

地元であるオハイオにはもちろん、マイアミ在籍時にココナッツグローブに自宅を所有しております(現在は売却済だそうです)。

 

昨年NBAファイナルで対戦したゴールデンステイトウォーリアーズのステファンカリーとはオフコートでも交流が有るようなのですが、カリーが大学時代のときにレブロンの家に遊びに言った事が有るようです。以下カリーのコメント。

“レブロンの家ではいろいろ話をしたよ。毎週通っているような雰囲気でね。そのときテレビでやっている試合の話をしたり、Family guy(アニメ)をみたり、トレードについて話したり、、、早くNBAで対戦したいな!なんて言う事は特に話してなかったかな。彼の家にはボーリングのレーンがあるから、ボーリングやってたね。” 出典:usa today

自宅にボーリングのレーンが有るのは日本では考えられないですよね(笑)。ボール詰まったら自分でとりにいったりするのでしょうか、、、

 

昨シーズン惜しくも優勝を逃したキャバリアーズですが、今シーズンのレブロンの活躍にも期待大です。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ