レブロンジェームズの体脂肪率は?身体を絞る事の大切さ

Embed from Getty Images

鋼の肉体と驚異的なスピードでライオンのごとくコートを駆け巡るレブロンジェームズ。コート上で戦っている選手は、まさに鉛がフルスピードでぶつかってくるようなイメージを持っているかと思います。彼の身体はどのようにして作られているのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

レブロンジェームズの体脂肪率

Embed from Getty Images

Quoraの情報によると、レブロンの体脂肪率は16パーセントのようですね。若干高めでは有りますが。適度な脂肪分は筋力と腱の回復に効果的です。強靭な肉体はレブロンジェームズの強みでもあるため、ある程度の体脂肪率は必要なのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

レブロンジェームズの筋肉の特徴

バスケットボール選手としてのレブロンジェームズの体型はまさに理想と言えるでしょう。特にインサイドプレーでの強さはあの体格から生まれてきます。6パックの腹筋、大きな型、胸囲の幅と、腕の筋肉、すべてがバランスよく構成されています。

 

レブロンの身体はアスレチックであり、高くジャンプをしてもバランスを崩しにくい体型です。バランス感覚にもすぐれ、なおかつボディーが安定しているため、ドライブインからの得点力の安定性も抜群です。

 

 

ダイエットで身体をしぼったレブロン

2015年からレブロンは「パレオダイエット」と呼ばれる方法を導入し、炭水化物、糖類、乳製品を控え、フルーツや、野菜、ナッツ、赤みの肉と魚中心の食生活に切り替えたようです。2ヶ月程このダイエットを導入し、6キロ程の減量に成功したとか。これらの食生活は良い栄養療法と言えるかもしれません。

 

脂肪分を落としていくためには、カロリーを控える事は鉄則です。自分が普段接種しているカロリーよりも控えめにする事が、身体を引き締める上で必要となってきます。脂肪のかたまりでぶつかるのもパワーが有りますが、レブロンのようにしぼられた身体になれば、スピードとパワーのバランスが取れ、アンストッパブルな選手になれるかもしれませんね。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ