レブロンジェームズの身長は190センチで止まると言われていた

スクリーンショット 2018-10-07 11.15.55

引用:Youtube

レブロンジェームズはNBAでもアンストッパブルな存在であり、そのたぐいまれなバスケットボールセンスもさることながら、レブロンのフィジカル面の強さは郡を抜いています。

203センチ、113キロの体重の巨体から繰り出されるプレーはまさに規格外です。そんな彼ですが、現在の体格になる事を昔は予想していなかったとか。

 

Sponsored Link

 

予測されていたレブロンの将来の身長
レブロンジェームズ:「自分の憧れの選手が、マイケルジョーダンや、ペニーハーダウェイだとしたら、そりゃ落ち込むよね。バスケットボール選手のトレーディングカードの裏面をみて、マイケルジョーダンが198センチ、ペニーハーダウェイが201センチ、グラントヒルが203センチでしょ、僕はたったの190センチにしかならないの? 夢を閉ざされた瞬間だったよね。終わったなーって。」-引用:news.com

レブロンが11歳のとき、定期検診で、将来的に190センチまでしか身長がのびないと、お医者さんに言われたそうです。もっとも190センチであったとしても、リーグでもベストな攻撃型のポイントガードになっていたとは思いますが、幸いにも、ドクターの見解は間違っていました。レブロンは203センチまで成長し、リーグで現在のポジションを確立しています。

 

Sponsored Link

 

もし背が低かったらどうなっていたのか?
レブロンジェームズ:「11歳で170センチだったとき、まだ選手としての可能性としては十分にあるって思ってたんだ。少し小さくても、今と同じような選手になっていたと思うよ。僕には今と同じ運動能力が有ったし、ジャンプ力も有った。バスケットボールIQに関しても変わらない。自分のドライブ力と、バスケットボールIQが有れば、身長が低かったとしても、リーグを制圧できる選手になっていたと思うよ。」-引用:news.com

レブロンジェームズがもし身長が低かったとしても、レブロン自身の心は変わりません。自分が与えられた条件の中でいかにベストなプレーヤーになれるか、それを常に考え、努力し、今と同じ地位を築いていたはずです。

もう少し身長が高ければ、もう少しパワーが有れば、、願っていても、自分の理想はかないません。今時分がモテる最大の強みを、活かしていく事の大切さをレブロンは教えてくれています。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ