レブロンジェームズ名言集パート2・自分の決断が人生を決める

Embed from Getty Images

レブロンジェームは現代最高のバスケットボール選手の1人であり、その名は永遠に語り継がれる事でしょう。父親がいない中育ったレブロンですが、1人の男として、たくましく成長をとげました。レブロンジェームズの名言集第二弾を、英語の文章とともにお届けします。

 

Sponsored Link

 

レブロンジェームズ名言集 part2
I always say, decisions I make, I live with them. There’s always ways you can correct them or ways you can do them better. At the end of the day, I live with them.“僕はいつも、自分の決断が、人生を決めると思ってる。修正する事も出来るし、もっと良くできる方法だって有る。だから自分の決断は大切なんだよ。”

Basketball is my passion, I love it. But my family and friends mean everything to me. That’s what’s important. I need my phone so I can keep in contact with them at all times.“バスケットボールは僕の情熱さ。愛してるよ。でもぼくの家族や友達も僕に取ってのすべてさ。それが大切な事。電話を持っていればいつだってつながる事が出来る。”

You know, God gave me a gift to do other things besides play the game of basketball.“神様は僕に、バスケットボールのゲームをプレーできるという贈り物をくれたんだ。”

My mom and I have always been there for each other. We had some tough times, but she was always there for me.“僕はお母さんといつも一緒だった。大変なときも有ったけど、母さんはいつも僕のそばにいてくれたんだ。”

Every night on the court I give my all, and if I’m not giving 100 percent, I criticize myself.“毎晩、コートでは、全力を捧げる。100パーセントの力が出せなかったときは、自分を責めるね”

Sponsored Link

My father wasn’t around when I was a kid, and I used to always say, ‘Why me? Why don’t I have a father? Why isn’t he around? Why did he leave my mother?’ But as I got older I looked deeper and thought, ‘I don’t know what my father was going through, but if he was around all the time, would I be who I am today?’“子供の頃、僕のそばにはお父さんがいなかった。いつも「なんで僕なんだ?なんで僕にはお父さんがいないんだ?なんでお母さんをおいていったんだ?」って言ってたよ。でも歳を取ってみて、思った事は、お父さんがどんな状況だったのかを知らなかった。でも、お父さんがもし小さい頃にいたら、今の自分はなかったんじゃないかなって。」”

I need music. It’s like my heartbeat, so to speak. It keeps me going no matter what’s going on – bad games, press, whatever!“音楽はかかせないよ。僕に取っては心臓の鼓動のような物で、話す事もそうだ。どんな状況でも話すよ。悪い試合でも、インタビューでも、なんでも。”

I think, team first. It allows me to succeed, it allows my team to succeed.“チームが一番だよ。チームが僕を成功に導いてくれるし、僕もチームを成功させる事が出来る。”

I have short goals – to get better every day, to help my teammates every day – but my only ultimate goal is to win an NBA championship. It’s all that matters. I dream about it. I dream about it all the time, how it would look, how it would feel. It would be so amazing.“僕には短期的なゴールが有る。毎日進歩して、チームを助ける事。でも僕の究極のゴールは、NBAチャンピオンになる事だ。それがすべて。ずっと夢見てたんだ。いつもね。どんな景色が見えて、どんなふうに感じるのか。きっと凄いと思うよ。”

You know, my family and friends have never been yes-men: ‘Yes, you’re doing the right thing, you’re always right.’ No, they tell me when I’m wrong, and that’s why I’ve been able to stay who I am and stay humble.“僕の家族や友達でYESマンはいないよ。「そうだね、君は正しい方向に行っている。いつも正しいよ」なんて言わない。僕が間違っているときは教えてくれるし、それが今の僕を作っていて、謙虚でいられるんだ。”

Sponsored Link

You know, when I have a bad game, it continues to humble me and know that, you know, you still have work to do and you still have a lot of people to impress.“悪い試合の後は、余計謙虚になることができる。まだまだやるべき事はたくさん有るって、まだまだたくさんの人たちを魅了できるって考えるよ。”

Your teammates give you the confidence. They give me the confidence all year, all postseason.“君のチームメートが君に自信を与えてくれるんだ。みんな僕に自信をくれるよ。プレーオフを通して。”

But now, being a parent, I go home and see my son and I forget about any mistake I ever made or the reason I’m upset. I get home and my son is smiling or he comes running to me. It has just made me grow as an individual and grow as a man.“親になってみて、家に帰って子供の顔を見ると、これまでしてきた失敗とか、落ち込んだ事とか、全部忘れるんだ。家に帰って子供が笑ってたり、僕に向かって走ってきてくれる。そういうことが僕を成長させてくれるね。男としても。”

Once you get on the playing field it’s not about whether you’re liked or not liked. All that matters is to play at a high level and do whatever it takes to help your team win. That’s what it’s about.“もしもそのフィールドでプレー(働く)するんだったら、好きか嫌いかなんて問題じゃない。ハイレベルでプレーして、チームに勝利をもたらすために、何でもするんだ。そういうもんだよ。”

When you have that respect from your teammates, it makes it a lot more comfortable.“チームメイトから尊敬されれば、もっと快適になるよ”

Sponsored Link

There is a lot of pressure put on me, but I don’t put a lot of pressure on myself. I feel if I play my game, it will take care of itself.“プレッシャーはあるよ。でも自分にプレッシャーを感じさせないようにしてる。自分の試合をする事が出来れば、問題ない。”

Akron, Ohio, is my home. It will always be remembered. Akron, Ohio, is my life.“アクロン、オハイオは僕のホームだよ。忘れることはない。アクロン、オハイオは僕の人生だ。”

To all the positions, I just bring the determination to win. Me being an unselfish player, I think that can carry on to my teammates. When you have one of the best players on the court being unselfish, I think that transfers to the other players.“どのポジションにいても、勝利への意志を捧げるよ。アンセルフィッシュにプレーすることで、チームを活かす事が出来るんだ。もしコート上でアンセルフィッシュにいる事が出来たら、それが他の選手にも影響していく。”

As a professional athlete a lot is going to be said about you – but I just try to move forward and try to achieve my goals.“プロのスポーツ選手として、いろいろ周りから言われる事はある。それでも前に進んで、自分の目標を達成するんだ。”

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ