レブロンジェームズがレイカーズ入りした理由とは?

スクリーンショット 2018-09-10 15.31.09

15年のキャリアの中でレブロンがチームを返るのは3回目。キャバリアーズで2年連続、ウォーリアーズに敗退を喫したレブロンがついに、他チームへの移籍を決断致しました。レブロンと言えばクリーブランドの魂。彼はキャバリアーとしてキャリアを終えると思っていただけに、今回の移籍には世界中が驚愕でしたね。今回の移籍の背景にはどんな理由があったのでしょうか?

 

レブロンの交渉人が語るレブロン側の移籍理由

1. ロサンゼルスという都市
レブロンはロサンゼルスに2つの家を持っています。アメリカでも有数のビッグシティであるロサンゼルスに、レブロンの家族はフルタイムでの生活を望んでいたようです。これまでもいくつものオフシーズンをロサンゼルスで過ごしてきました。

 

2. レイカーズの可能性
コービー引退以降、若返りを見せているレイカーズのチーム。レブロンは、現在のメンバーを育てていけば十分にチャンピオンシップを争えるチームになるとの考えを持っていたようです。実際に、ポールジョージや、カワイレナード等、その他のビッグネームを誘致する事は有りませんでした。現在のチームでもレブロンが加わる事で、その可能性を見いだせると判断したのでしょう。

Sponsored Link

 

3. 伝統あるチームへの移籍
これまで複数のレジェンドがレイカーズでプレーをしてきました。カリームアブドゥルジャバー、マジックジョンソン、ジェリーウェスト、エルジンベイラー、ウィルトチェンバレンなど、歴代の先輩方がレイカーズで残してきた功績は素晴らしい物が有ります。レブロンのエージェントは他にも76ersとも話し合いを持ったそうですが、レブロンが最終的に合意をしたのはレイカーズでした。

 

これまでは、1チームでキャリアを終える事が美しいという概念がNBAには有りましたが、レブロンは自分の家族、バスケットボール、リーグすべてを総括した上で自分の決断を下しました。自分にとって最良な選択とは何か、世界最高峰のリーグの中でどんな可能性が自分には有るのか、1人のバスケット選手としての可能性をとことん追求している印象が有ります。

 

マジックジョンソンとの話し合い

 

ショータイムレイカーズを牽引したNBAのレジェンド、マジックジョンソンは、6月30日にロサンゼルスにあるレブロンの自宅を訪問。レイカーズにレブロンが加わる事で、どのような未来が待っているかの話し合いの場を持ちました。

マジック:「レブロンはマインドセットに置いてバスケットボールの天才だ。面白かったのは、二人とも同じ事を話していたと言う事。バスケットボールに置けるマインドセット、チャンピオンシップDNA、ゲームの運び方や、すばらしいチームメートになると言う点に関して、同じ意見だったんだ。鏡のようだったね。バスケットボールの話をたくさんしたんだ。もちろん、チャンピオンシップの獲得を狙ってほしいと言う話もね」

Sponsored Link

 

その後、レブロンは、現在のレイカーズのロスターに関しての話もしたそうです。レブロンから見た現時点でのレイカーズの弱点や、強み、レブロン自身が加入する事で、どんな事が可能になるのか。

マジック:「彼に期待する事を聞いてみたんだ。彼はレイカーズが組織として、チームとして、今どの段階にいるのか、なにを作り上げようとしているのかをわかっていたんだ。彼は私たちがせかしていない事に関しても非常に喜んでくれていたね。焦って間違った決断をしてはいけないし、彼に伝えたのは我々は3年計画で動いていると言う事だ。君ならこのプランを別次元に持っていけると伝えたよ」
「彼はすでに我々のロスターを分析していた。状況も理解していた。彼が3年の契約を結べた事は彼がそれらをすべて知っていたからなんだ。それをみて他のプレーヤーがレイカーズに加入したいという意志を持ち始める。レブロンとともにチームを作り上げたいと。この流れが起きれば、それが今のチームメンバーのためにもなる。」 - 引用:USA Today

レイカーズは、レブロン獲得後、ジャベールマギー、ライジョンロンド、ランススティーブンソン、マイケルビーズリーらの有力ベテラン勢を獲得。まさにマジックの思い描いていた構想の通り、有望な若手と、ベテランがミックスする素晴らしいチームが出来上がりました。来シーズン、レブロンがチームをどのように牽引するのか、新たな挑戦が始まります。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ