レイトンヒューイットの名言集・プレーに感情と情熱を

 

今年の全豪オープンを最後に引退を表明したレイトンヒューイット。19年にわたるキャリアを通して、高いエナジーと、感情を全面に押し出したプレーを貫き、テニスファンを魅了してきました。ベースラインでの彼の粘り強さは、あきらめなければ勝機は有るという事を、まさしく体現してくれていましたね。

 

コート上ではエモーショナルにプレーをするヒューイットですが、実はシャイな正確の持ち主のようで、自分を鼓舞させるために、高いエナジーをもってコートでの戦いに挑んでいるそうです。今回はレイトンヒューイットの名言を紹介します。

 

 

レイトンヒューイット名言集

That’s what you do all the hard work for, to play in situations that put your body through gruelling times. If you’re not up to it, pull out.

“へとへとに疲れているときでも、その状況に応じてプレーできるように、ハードワークに取り組むんだ。それが出来ないなら、辞めるべきだよ。”

When I go out to play, I still believe I’m as good as anyone out there. I don’t have to prove anyone wrong. I know what I’ve done and how well I can play.

“プレーするときは、自分はそこにいる誰よりも上手だと思ってプレーしてる。誰かが間違ってるなんて証明する必要は無い。僕がこれまでやってきた事は理解してるし、どれだけプレーできるかも知ってる”

Even when I was No. 1 in the world, I was taking it one match at a time. I never was a player to look too far ahead, the way draws can pan out.

“世界ランクNo.1だった時も、1試合1試合を大切に戦ってた。遠くの未来を考えてプレーするような選手ではなかったね。その方が上手く行くよ”

I’m not a guy who needs to read motivation books.

“僕にはモチベーションに関しての本なんて必要ない。”

Sponsored Link

When I was a kid in Adelaide, I dreamed of becoming No. 1 in the world, winning a grand slam and the Davis Cup for Australia.

“僕がまだアデレードで子供だったとき、世界ランク1位になる事を夢見ていたんだ。グランドスラムで優勝して、オーストラリア代表としてデビスカップに出場したいって思ってた。”

I am two different people. What you see on the court is just natural for me. I wear my heart on my sleeve. I have always said Cmon purely to fire myself up. Off the court, I am a lot shyer. I stick to my team and my family and people I trust.

“僕には2面性が有る。コートでプレーしているときの僕が自然体かな。心でプレーするんだ。「カモン!」は自分を鼓舞するために自然と出てくる言葉だよ。試合以外では、本当にシャイなんだ。自分のチームと家族と、信頼している人と行動する事が多いよ。”

Maybe I have to work a bit harder on clay. It’s a challenge and I’ve always liked challenges. Whether I will ever win the French and master playing on clay, who knows? But I’ll give it a shot.

“クレーコートでの戦い方をもう少し鍛えないと行けない。僕に取っては挑戦だけど、挑戦はいつだって大好きだよ。全仏オープンも、それ以外のクレーコートでの試合も、優勝した事無いからね。でもやってみなければわからないさ。挑戦してみる”

I’m more in that Rafa Nadal high-energy high-octane mold out there. I wear that emotion on the court. That’s how I play my best tennis. People either like that or not. And I can’t change that: that’s who I am on a tennis court.

“僕はラファエルナダルみたいな、ハイエナジーで、ハイオクなタイプかな。感情でプレーする。それが僕にとってベストなテニスができる要因さ。そういう選手もいるし、そうでない選手もいるけど、僕は変われない。テニスコートにいる僕はそういう人間さ。”

Sponsored Link

My video game character is a bit better looking than me, actually. I don’t think he has to worry about his hair getting messed up.

“テレビゲームの僕は、本物よりも良いルックスをしてるよね。ゲームの中の僕は髪の毛が乱れる事とか無いんだろうな。”

I’m fortunate: I can play as long as I want to play. There’s no coach or trainer who is going to say to me that I’m dropped or sacked, it’s time to move on. I can play as long as I want to play.

“僕は好運だ。やりたいだけ長くテニスをプレーする事が出来るから。僕の実力が落ちたとか、僕の事をへたくそだっていうコーチはいない。前に進むよ。やりたいだけテニスをやる”

There are people who love you and people who hate you, but for me, more so, people only think they know me by how I act or perform on a tennis court.

“この世には君が好きな人もいれば、嫌いな人もいるでしょ?僕の場合は、僕がコートでどう振る舞うかで、それが決まってしまうんだ。”

Oh, I get pretty fired up on the court. I try to play with a lot of emotion, especially when I’m playing in front of a large crowd. I want to go out and do my best, and to do that, I have to play with the most energy possible.

“今日は燃えたね。感情でプレーしようと試みたんだ。大勢の観客の前でプレーするときは特にそうだね。試合に出てベストを尽くす。そうするためには、出来るだけエナジーをもってプレーしないと行けない。”

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ