レイトンヒューイットの引退に各選手がメッセージを寄せる

 

今年のオーストラリアンオープンを最後に現役引退をしたレイトンヒューイット。残念ながらダビドフェレールに2回戦で敗戦を喫してしまいましたが、彼がコート上でみせた最後の勇士に世界中のファンが勇気づけられました。

 

16歳の若さでATPツアー初優勝を飾り、2001年にはキャリア3年目でピートサンプラスをくだし、全米オープン初優勝を飾るなどそのデビューはまさに圧巻の一言。そのメンタリティーと、あきらめない心で、どんな苦しい状況でも、ボールでも追いかけては勝利に変えてきたヒューイット。土壇場で放つ「カモン!」の雄叫びは、全世界のテニス選手の憧れではないでしょうか。

 

 

オーストラリアンオープン開幕前に、世代を超えて戦ってきた選手達から、激励の言葉が届けられました。

引用:Youtube

 

Sponsored Link

 

ロジャーフェデラーからのメッセージ
フェデラー:「レイトン、これまで君がテニスにしてきてくれたすべてのことに感謝してる。素晴らしいライバルでいてくれて本当にありがとう。良い思い出も、悪い思い出もすべて覚えてるけど、ほとんどが僕にとっては良い思い出だ。君とコートにいる時間は本当に楽しかった。君には素晴らしい家族がいるし、素晴らしい子供達もそばにいてくれる。これからも君にとって素晴らしい人生になる事を祈ってるよ。楽しんでね。」

ヒューイットが全盛期の頃、大きな大会で決勝の相手として立ちはだかってきたフェデラー。ダブルスを組んだ事も有るこの二人のライバル関係は、全世界を熱狂の渦に巻き込んでくれました。同世代の選手の引退に、フェデラーも思う事が有るのではないでしょうか。

 

 

アンディマレーからのメッセージ
アンディマレー:「あなたの素晴らしいキャリアにおめでとうを言いたいです。あなたとコートで過ごしたすべての時間を僕は愛しています。試合であたる事はそんなに無かったかもしれないけど、練習場でたくさん練習したことは忘れません。あなたは僕にとってのアイドルでした。いつも僕に接してくれるときは、本当に優しくて、いつも助けてくれて、、本当に感謝しています。引退後の生活を楽しんでください。」

7年前、ヒューイットにサインをもらった事が有るというマレー。子供の頃からのアイドルだったそうであり、飼っている犬の名前もヒューイットからとったそうです。試合で戦う事は少なかった両者ですが、ヒューイットは次世代のスターに意志を引き継いでいったようですね。

 

Sponsored Link

 

ラファエルナダルからのメッセージ
ナダル:「やあレイトン。僕があなたと過ごした時間はとても特別な物でした。あなたの情熱やメンタリティーは僕のテニスに凄く大きな影響を与えてくれました。僕だけじゃなくて、すべての世代にとって、素晴らしい影響を与えてくれたと思ってます。これまでプレーをしてきてくれて、特に情熱を与えてくれて、本当にありがとうございます。また会える事を楽しみにしています。」

ナダルの粘り強さは、ヒューイットのそれに影響を受けた物だと本人も語っています。コートリカバー力と情熱的なプレーの面でこの二人は似ている部分がありますよね。ナダルが笑顔で話している姿から、この二人の良い関係を見る事が出来ます。

 

 

ノバクジョコビッチからのメッセージ
ジョコビッチ:「レイトン、あなたが引退してしまって、テニス界は本当に寂しくなります。あなたは素晴らしい友人であり、競争者であり、あなたがスポーツ界や、オーストラリアにもたらした物は本当に大きな物です。同じ時代に戦えた事、一緒にテニスが出来た事を光栄に思います。幸運を。」

ジョコビッチはツアーで対戦する際も、常にヒューイットへの敬意を表してきました。ヒューイットが初優勝を飾った当時ジョコビッチは9歳。幼少期から世界ランク1位を目指していたジョコビッチにとって、ヒューイットはお手本のような存在でした。

 

 

全盛期対戦してきた選手達にも、現代ATPで活躍する若手のテニスプレーヤーにも、全世界のすべてのテニスプレーヤーに対しても絶大な影響を与えてきたヒューイット。彼がテニス界に残した功績は色あせる事無く、今後も語り継がれていく事でしょう。

 

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ