マイケルジョーダンがコービーとレブロンを比較・優れた選手はどちらなのか?

 

 

バスケットボールの神様、マイケルジョーダン。彼が与えた影響はNBA内にとどまらず、全世界のバスケットボール選手に大きな希望と、影響を与えてきました。2000年代に活躍をしてきた選手達の指針となり、現代で活躍する選手達の憧れである事は間違い有りません。

 

なにかとジョーダンと比較をされる事が多い、コービーブライアントとレブロンジェームズ。コービーのルーツはジョーダンにあり、レブロンのルーツもジョーダンに有ります。自分を目標に掲げNBAを席巻してきたこの2人のプレーヤーを、ジョーダンはどのように思っているのでしょうか。引用:Youtube

 

Sponsored Link

 

ジョーダンがレブロンとコービーを比較
インタビュアー:「コービーとレブロンならどちらを選びますか?」
ジョーダン:「これはタフな質問だね。ケビンデュラントかな! (笑) いやいや、、、バスケットボールというゲームの支配力で言うのなら、レブロンだ。優勝を獲得する能力で言うならコービーだ。」
「コービーは勝利に対しての意志が尋常ではない。38分間のプレーのなかで、34歳(当時)にしてガードの選手をガードし続けるんだ。彼の戦いの場はそこに有ると思う。彼が方に背負っている「十字架」は僕のそれと同等の物だ。」
「コービーかレブロンか、二人のどちらかを選ぶのはタフな選択だね。ただ、5回の優勝は、2回の優勝を上回る。コービーかな。」
インタビュアー:「ケビンデュラントについてはどう思う?」
ジョーダン:「近いよ。この二人にまぎれも無く近いのはデュラントだ。」

ジョーダンからしてもこの二人を比べる事は難しいようですね。スポーツの世界ではやはりどれだけチャンピオンシップのタイトルを獲得しているかが、勝者たる所以なのだと思います。ジョーダンはその観点から比較して、コービーを選択しました。

 

 

これに対してレブロンの反応は
インタビュアー:「ジョーダンがインタビューの中でコービーを選んだ事についてどう思いますか?」
レブロン:「2人の内1人を選ばなければ行けないのなら、どちらかが選ばれないのはしょうがないよ。ジョーダンがコービーを選んどことに関しては、問題は無い。誰に何を言われるとかは、僕はあまり気にしないし。コービーが選ばれようがレブロンが選ばれようがね。ただコート上のプレーに集中して、チームに貢献することだ。誰かに何を証明するためにプレーをしている訳ではないよ。」

レブロンは常にジョーダンやコービーと比較をされるという辛い立場にいる事は確かです。本人はそのつもりは無かったとしても、どうしても比較をされてしまう。その中で自分自身を貫いているレブロンの精神力は計り知れない物が有ります。

 

Sponsored Link

 

シャックとバークレーの意見は?

チャールズバークレー、シャキールオニール、ケニースミスがホストを勤める人気番組、Insidethe NBAでもこの話題は取り上げられ、各コメンテーターの意見も発表されました。

アーニー:「ジョーダンはコービーを選択しました。みんなはどう?」
バークレー:「マイケルジョーダンは確かにこれまで誰も見た事の無いようなプレーをしてきた。それはレブロンも同じだ。レブロンはジョーダンよりも大きいし、身体が強い。レブロンがジョーダンより上だというつもりは無いけど、これから5つか6つのチャンピオンシップは獲得できるだろう。」
「オレはコービーのことも大好きだ。歴代でもTop10に入る選手だろう。ジョーダンはずば抜けすぎている。しかしレブロンもずば抜けている存在なんだ。」
ケニースミス:「コービーブライアントだね。彼は証明してきた物が有る。チャールズが言う事もわかるけど、コービーは1 on 1においてはリーグでベストなプレーヤーである事は間違いない。根本的な違いは、コービーにはシャックがいた事だ。これはジョーダンにもレブロンにも無いことだ。」
アーニー:「シャック、君はコービートもレブロンともプレーをした事が有るよね?どっちを取る?」
シャック:「素晴らしい選手というのは個人の存在であって、比べられるべきではないと思う。素晴らしい選手は素晴らしいチームでプレーをする物だし、素晴らしいチームはチャンピオンシップを獲得する。マイケルジョーダンがベストである事は間違いないし、コービーは5つの優勝を経験していて、レブロンは2つだ。」
「チャールズが言ったように、もしレブロンが6つのタイトルを獲得したとしたら、ジョーダンと比較できると思う。レブロンがスポーツの上で支配者である事に変わりはない。だから3つか4つか6つレブロンがチャンピオンシップを獲得するまでは、コービーとレブロンを比較するのは不公平だ。ジョーダンと比較するのもね。」
「シャックはコービー、レブロンと同じチームに所属してきた中で独自の見解を貫いています。年齢的にも、キャリアの実績的にも異なる両者を比較する事は、やはり難しいようですね。」

 

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ