クリスポール、ロンド、イングラムが殴り合いの末退場処分に

10月21日、レブロンジェームズの記念すべきホームのデビュー戦は、黒星を喫しただけではなく、乱闘騒ぎとなる最悪の形となってしまいました。ロケッツとの対戦で、ブランドンイングラム、ライジョンロンド、クリスポールの3人がパンチを見舞った末に退場処分となりました。

 

Sponsored Link

 

波乱の第4クオーター

第4クオーター残り4分程、ジェームズハーデンがブランドンイングラムを相手にファウルを引き出すと、不服なイングラムはハーデンを突き飛ばす自体に。ランススティーブンソンとロンゾボールがイングラムを止めに入りますが、ここでライジョンロンドとクリスポールが口論に。

 

ここでポールはロンドに対して、目つぶしのような攻撃を。それに怒ったロンドがパンチで応酬。その後にイングラムもパンチを見舞う等、会場は大荒れに。

 

 

Sponsored Link

 

レブロンのコメント
レブロン:「チームに対しては、特に何も言っていない。コーチはチームに対して、明日は今日よりいい日にしないといけないとみんなに言っていたよ。試合は1点差だったからね。もう少しで勝てるところまで来ていた。」
「今回の件で落ち込んだりはしていないよ。簡単には行かないのはわかっているし、苦しみは伴うからね。だから落ち込んではいないよ。状況を落ち着けようとして、プレーに専念しようとしていた。」

今回の乱闘に関して、レブロンはいたって冷静なコメント。さすがは百戦錬磨のレブロンですね。このような事は起こりうる事であり、今後修正していく方向ですでに考えています。開幕から2連敗となったレイカーズ。チームの完成にはまだまだ時間が掛かりそうです。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ