ジェームズハーデンがアディダスのバッシュを選んだ理由とは?

 

 

各世代をまたいで、大型選手と契約してきたアディダス。ティムダンカン、ドワイトハワード、ダミアンリラード、ジョンウォール、デリックローズとそうそうたるメンバーを抱えるアディダス。NBAでも強大なシェアを誇っている チームアディダスに加わったのがジェームズハーデンでした。

 

Sponsored Link

 

アディダスはなぜジェームズハーデンを選んだのか?

 

アディダスのバスケットボールのゼネラルマネージャーが語るところ、現在契約中の選手に無い要素をハーデンが持っている事が、彼を選んだ要因だそうです。

「我々はたくさんの素晴らしいパートナーを既に抱えている。ジョンウォール、デリックローズ、ダミアンリラード。彼らはコートをフルスピードで飛び回る事が出来る。ジェームズは少し違うんだ。彼の持っている特性が好きだし、アディダスファミリーにとって素晴らしい要素を加えてくれると思ったんだ。」引用:sportingnews.com

ハーデンはオフコートでもファッションセンスに定評が有りますが、アディダスがアパレル面でも大きな成功を収めている事が、今回の契約にプラスに働いたそうです。ナイキでは用意されなかったオフコート用のウェアや、シューズのデザインをする機会が出来た事も、相思相愛にいたったポイントだったようです。

 

 

なぜナイキと再契約をしなかったのか?

ロケッツのエースとしてオールスターにも出場し、縦横無尽のの活躍をしていたジェームズハーデンは、ナイキのシグネイチャーラインに相当しい実力を持っています。しかし、入団当初からナイキと契約をしてきたハーデンに、シグネイチャーモデルは用意されませんでした。

 

現在ナイキで制作されているシグネイチャーモデルラインは、コービーブライアント、レブロンジェームズ、ケビンデュラントのシグネイチャーラインに2年前に加わったカイリーアービング。すでに7シーズン目を迎えているハーデンにシグネイチャーモデルが用意されていないという事は、以降も制作される兆しは無いという事になります。

 

実質、ハーデンがナイキとの最後のシーズンに着用していたのはハイパーチェイスのみでした。自身の活躍に相当しいシューズを得たいハーデンに取っては、アディダスを選んだのは自然な選択だったのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

ハーデンがアディダスを選んだ理由

200ミリオン$という巨額の契約をむすんだハーデンですが、アディダスへの乗り換えは金銭面だけではないと語っています。

ハーデン:「自分の中にあるやりたいことのすべてに耳を傾けただけだ。シューズのデザインをすること、アパレルのデザインをすること、すべてだよ。そのすべてが契約の内容に記されていたんだ。自分の意見を尊重した結果だね。」
「本当に特別な事だよ。ブランドが自分を使ってマーケティングをしてくれるという事は。僕にとってもアディダスにとっても、共に成長する良い機会なんだ。本当にエキサイティングな気分だよ」引用:kicksonfire.com

 

シューズのデザインや、アパレルのデザインなど、ハーデンがシンプルにやりたかった事をアディダスが提供したのが契約に至った理由だそうですね。ガード、センターのラインを中心に展開していたアディダスのシグネイチャーラインに、フォワードが久しぶりに帰ってきました。

 

ハーデンは、かつてロケッツで活躍し、アディダスで絶大な人気を誇っていたトレイシーマグレディの後継者的な存在になることは間違いなさそうです。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ