ロジャーフェデラー名言集・努力に逃げ道は無い

2003年にグランドスラムで初優勝を飾ってから、これまで実に17回の4代大会優勝を飾っているロジャーフェデラーはもはやテニス界の伝説であり、テニスをやっていない人でもその名を知っている人物なのでは無いでしょうか。

 

歴代最長の世界ランク1位記録を持つ彼の精神力は並大抵の物ではありません。不調に陥っても、そこから這い上がりをみせ、実に13年連続で世界TOP10内をキープしています。彼が絶対的王者であり続ける所以は何なのでしょうか?彼の名言から、その秘密を探っていきます。

 

ロジャーフェデラー名言集

You always want to win. That is why you play tennis, because you love the sport and try to be the best you can at it.

“いつでも勝ちたいはずだ。それが僕がテニスをプレーしている理由。スポーツを愛しているし、常にベストで有り続けようとしているんだ。”

Sometimes you have to accept that a guy played better on the day than you.

“時折、その日に君より上手くプレーできている相手を受け入れなければ行けない。”

Clearly, when you win everything, it’s fun. That doesn’t necessarily mean you love the game more.

“勝っているときに楽しいのは間違いないよ。でもそれが試合を愛している理由ではない。”

There is no way around the hard work, embrace it.

“努力に逃げ道は無い、努力を愛せ”

Before, I guess, mum and dad were everything, but now, in my case, I had two new girls and all of a sudden they’re completely dependent on you and there’s a third generation. It’s a funny shift all of a sudden. You have the babies, you have yourself and then you have your parents.

“前は、父さんと母さんが、僕にとってのすべてだった。今は、2人の娘をもって、彼女達がどうなるかは僕次第だし、3代目の時代になるんだ。すべては突然のことで、ほんとうに面白いシフトだよね。子供を持って、自分がいて、自分の親がいるんだから。”

Sponsored Link

I enjoyed the position I was in as a tennis player. I was to blame when I lost. I was to blame when I won. And I really like that.

“僕はテニスプレーヤーとしての自分のポジションを楽しんでるよ。負ければ批判をされるし、勝っても批判を受ける事もある。そういうのは好きだよ。”

Early in my career, I struggled with consistency, but I couldn’t get more consistent than this year.

“キャリアの最初の頃は、精神を一つに保つのに本当に苦労した。でも今年以上に集中できている年は無い。”

When you do something best in life, you don’t really want to give that up – and for me it’s tennis.

“君にとってベストな事を人生でやって行く上で、あきらめる事だけは絶対にしたくないはずだ。ぼくにとってそれはテニスなんだ。”

I’m a very positive thinker, and I think that is what helps me the most in difficult moments.

“僕はポジティブに考える人だね。そのおかげで、辛い状況でもやってこれたんだ。”

Play with respect. Win with grace.

“尊敬でプレーして、優美に勝つ”

Sponsored Link

We can’t always agree on everything.

“常にすべてに賛成できる訳ではない。”

The details make the difference in the end.

“小さなことが、結果に違いをもたらす。”

I always had the dream that, once I became No 1 in the world, that if I had a child I hoped I would have it early enough so the child can see me playing.

“ずっと叶えたい夢が合ったんだ。世界ランク1位になったら、出来るだけ早く子供が欲しかった。そうすれば子供達は僕のプレーを見れるでしょ?”

Sometimes I am a different character in different languages. I have different enjoyment from them. Sometimes different answers come out of me. Like, I didn’t even know that about me. I get to know myself through different languages, actually.

“僕は話す言語によってキャラクターが変わるんだ。言語によって違った楽しみが有る。時々思っても無い事が口から出てくる事が有る。いろんな言語を通して、自分を知る事が出来るんだ。”

The serve, I was too young and too small and… not enough powerful to have a good serve when I was young, so my forehand was always my signature shot. So I used to always run around my backhand, you know, use my forehand as much as I could, and so that’s why I think it’s my strength also today, you know.

“サーブに関していうと、昔は若すぎたし、背が小さかった。若い頃は力強いサーブを打つにはパワーが足りなかったんだ。だからフォアハンドが僕の最大の武器だった。昔はバックにボールが来ても、回り込んでフォアで打ってたんだ。僕の強さの秘訣はそこから来ていると思う。”

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ