ロジャーフェデラーはいつ引退を考えているのか?トップ選手で有り続ける理由とは?

Embed from Getty Images

長い事テニス界の頂点に君臨し続けているロジャーフェデラー。37歳となった今でもツアートップ選手であり、2018年にはメルボルンでも優勝を飾っています。長い間、好成績を維持するために彼はどのような考えを持っているのでしょうか?2018年USオープンでのインタビューからその秘密を探っていきましょう。

 

Sponsored Link

 

ロジャーフェデラーはいつ引退を考えているのか?
インタビュアー:「ニューヨークでプレーする事はどう?」
フェデラー:「僕に取っては、最もソーシャルなグランドスラムかな。街にも友達がたくさんいるし、行きたいレストランもたくさん有るし、やりたい事もたくさん有る。でも時間がないね。テニスをプレーしにきているから。ニューヨークのファンの前でプレーできることに本当にエキサイトしているよ。」
インタビュアー:「世界中のどの都市からも愛されるのはどんな気分なのかな?」
フェデラー:「すごくいい気持ちだね。スイスでは年に数回しか、トーナメントが行われないから、その他の時間はほとんど外国にいる。長い間ツアーに参加できているのは、本当に楽しいし、それぞれの場所で歓迎をしてもらえるから、すごく嬉しいよ。ファンからの声援は僕のツアーにパワーを与えてくれるんだ。どこでもホームみたいにプレーできるのは本当に嬉しい。」
インタビュアー:「いつまでプレーするのか、プランはある?みんなもっと君のプレーを観ていたいと思うんだ。」
フェデラー:「ないよ。引退する予定は今のところないかな。来年のレイバーカップはスイスで行われるから、そこではプレーしないとね。」-引用 Youtube

37歳、キャリア終盤と世間で言われようが、本人には引退する意志が今のところないそうです。引退と言う文字を考えてしまう事で、余計な感情が入り、プレーに支障が出てしまう事をフェデラーは知っているのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

トッププレーヤーで有り続ける秘訣

フェデラーの長年のコーチであるセヴェリンさんは長期的にハイレベルでプレーが出来るフェデラーの特徴を以下のように語っています。

インタビュアー:「フェデラーはこれから大きな理想を持っていると思うんだけど、、」
コーチ:「彼は3年後にどうなっているかとか、その先を考えてはいないと思う。とにかく楽しむ事を優先していて、健康にいる事が出来ればタイトルを狙う事も出来る。1年後2年後のことはあまり二人でも話さないかな。その日1日1日をどうやって全力で過ごすかを考えてる。」-引用」express.co.uk

ロジャーフェデラーは、自分の執着地点を決めず、その日その日を全力で過ごしていく事で昨日よりも優れた自分になる事を日々繰り返しています。長期間トッププレーヤーで有り続ける秘訣は、「限界を決めない事」。フェデラーには世間の概念など関係がないのかもしれません。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ