食後の眠気の原因は?5つの対策で眠気とおさらば!

 

食後に眠くなる事って有りますよね?仕事中の昼食後、学校の昼食後。夕食後であれば、拘束されている時間からは解放されるので、眠くなっても問題は有りませんが、昼食後の眠気というのは仕事、学業に影響してきます。

 

お昼休憩上がりの会議でうたた寝をしてしまい、周りから白い目で見られたり、昼休み後の授業で寝落ちしてしまって先生に起こられたりと、食後の眠気にはあまり良い事が有りません。食後の眠気はどのようにすれば改善できるのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

食後の眠気が起こるのは仕方が無い事を理解する

 

食後に眠気が起こるのは人間の身体の構造上ある程度は仕方の無い物です。というのも、食事後の体内での消化活動を促すため、脳に血液が回らなくなるためです。それに加えて食後は身体がメラトニン(ホルモン)を分泌します。この要素はよる眠る際に分泌される物であり、眠気につながります。

 

まずは昼食後に眠気に教われるのは悪い事でも何でも無い事を理解しましょう。人間の身体の摂理としてごく自然な現象なのです。この生理現象を理解した上で対策をしていきましょう。

 

 

 

1.夜の睡眠の質を上げる

 

昼食後の眠気は、その夜にちゃんとした睡眠を取っていない場合、さらに悪化してしまいます。十分な睡眠時間は平均で7-8時間と言われていますが、これにも個人差があり、長く睡眠を取らなければ全快しない人もいれば、4時間程度でも活動出来る人もいます。

 

強烈な食後の眠気をおさえる対策として、毎晩質の良い睡眠を取るというのは重要な要素。定時に就寝するように心がけていきましょう。

 

 

2. ヘルシーな昼食をとる

 

お昼に何を食べるかも、眠気の原因に密接に関わってきます。眠気の原因が食べ物の消化に有るのであれば、なるべく消化にいい食べ物をお昼に取る事で、体内の消化活動をスムーズに完了させてくれます。特に昼から肉、ステーキ、ジャンクフード、ファストフードは避けた方が良いでしょう。

 

うどん、鶏肉、サラダ、バナナ、など消化のいい食べ物をチョイスする事で、消化に必要なエネルギーを最小限に抑える事が出来ます。

 

Sponsored Link

 

3. 昼食の量をおさえる

 

食べる量も大切です。胃がふくれる程食べてしまえば、その分消化にかかる時間もエネルギーも必要になってきます。その分眠気を感じる時間は長くなってしまいますし、身体が暖かくなって眠気をさらに誘発してしまいます。昼休みの時間には少なく食べて、夕方にまた少量を食べるという流れがベストですね。

 

そういえば、女性で昼食後に眠気を感じている人をあまり見た事はない気もしますが、普段からダイエットに取り組んでいたり、女性の方が食べ過ぎに対して嫌悪感が強い人が男性より多いからなのではないでしょうか。

 

 

4. 朝食をしっかりとる

 

朝食は意外と盲点であり、「朝はゆっくり寝ていたい」「朝は時間がない」と言った理由であまり時間を割かない人が多いでしょう。しかし、どのような朝食をとったかで、その日一日のエネルギーが決まるかと言っても過言では有りません。朝食をしっかり取っておく事で、昼に量の多い食事を選択する事も無くなってきます。

 

ここでも、パン、卵、フルーツなど、消化の良いフレッシュな食べ物を選択する必要が有ります。だまされたと思って一度、朝食をしっかりとってみましょう。いかにそれが与える影響が大きいかがわかる一日になるかもしれません。

 

 

5. 記録する

 

毎日眠くなってしまう自分をなんとかするためにうってつけの方法がこれです。1日の終わりに、昨晩何時間寝たのか、朝に何を食べたか、昼に何を食べたか、昼食後に眠くなったかを記録していきます。実験的に1週間、これを続けてみましょう。

 

記録していく事で、どんな食事の取り方の時に眠くなるのか、睡眠不足が原因なのか、行動パターンがわかってきます。これを面倒くさがらずにコツコツと1週間続けてみる事で、自分の身体に合った理想の接種バランスを考える事が出来ます。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ