ステファンカリーが妻との運命的な出会いを語る・娘の出産を手伝った話

 

現在NBAでNo1の人気を誇っているゴールデンステイトウォーリアーズのステファンカリー。昨シーズンの優勝を歯切りにその人気は爆発し、今や全世界のバスケ界がこの男の話題で持ち切りの状態です。

 

人気、実力ともにトッププレーヤーの奥さんになったアイーシャさん。この二人は同い年であり、故郷シャーロットで12年前に出会った間柄。二人を結んだ運命はどのような物だったのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

カリーの奥さんはモデル兼女優

カリーの妻であるアイーシャさんは現在27歳、女優とモデル業もなされているそうです。現在彼女が持っているYoutubeチャンネル「Little Lights of Mine」は33万人ものフォロワーがついています。チャンネルでは、ステフと娘のライリーちゃんとの日常の様子など、楽しい内容が含まれています。

 

 

カリーと奥さんの運命的な出会い
インタビュアー:「あなたが奥さんと教会で出会ったのは、14歳から15歳のときでしたよね?大学時代からつきあいを始めて、結婚したのは23歳のときでしたよね?なぜその歳で結婚をしたのですか?」
カリー:「自分にぴったりの人が見つかったからだよ。出会ってから、高校生までデートをした事は無かったんだ。で、大学に行った時に彼女にばったり有ったんだ。僕がロサンゼルスにいたときに、偶然彼女も、アクターの仕事でロサンゼルスにいて、運命だと思ったんだ。」
「ジャーロットで出会った二人の子供が、時を経てロサンゼルスで会うなんて。そこからつきあいを始めて、2~3年かな。僕のゴールデンステイト行きが決まったとき、すでに自分にぴったりの人を見つけたと思ったから。迷う事は無かった。」

 

まるで映画のようなストーリーですね。中学生の頃に出会った二人が、高校時代にデートをし、歳を重ねてロサンゼルスで再会するのはとても運命的な物を感じます。カリーがNBA入りする前から始まっていたこの恋は、昨年シーズンMVPを獲得する大きな原動力となっていたのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

 

娘について語るカリー
インタビュアー:「今は娘のライリーちゃんがいますよね?出産を手伝ったのは本当ですか?」
カリー:「あれは素晴らしい経験だった。自分が娘を引っ張りだすなんて思っても見なかったよ。陣痛が早く始まって、医者が着るスクラブを着て、妻の近くにいたんだ。娘はがんばって出てこようとしていて、そのときにお医者さんが「やってみるか?」って言って「え?どういうこと?」って。(笑) 素晴らしい経験だったよ。」
インタビュアー:「子供を持ってみて変わった事は有りますか?」
カリー:「予想していた通りだったけど、悪い日なんて一日も無い。家に帰ると、妻と娘がいてくれて、人生がとても楽しいんだ。特にバスケットの選手だと、負けた日とか、調子が悪かった日とか、自分1人でいるときは悪い気分そのままだったんだけど。」
「今はフラストレーションがたまる事が有っても、家に帰って妻と娘と時間を過ごせば、感謝の気持ちが生まれてくる。一緒に楽しい時間を過ごしてね。」
「自分が昔自由な時間に何をしていたか覚えてないんだ。このまえ、妻と一緒に2歳になった娘が遊んでるのを見て、「娘がいなかったら、あなた練習から返ってきてなにするの?」って話してたんだ。(笑) 今はライリーがすべてだからね。」
インタビュアー:「ロードの試合ではゆっくり寝られるから良いですよね?(笑)」
カリー:「そうだね。自宅にいるときなんか理由も無く急にビンタされて「パパ起きて!」って、起こされるんだ。(笑) 娘は気にしないからね。」引用:Youtube

 

よく娘のライリーちゃんをインタビューに同席させるカリー。TV出演などの際にも常につれて歩き、かわいがっている姿を見ると本当に娘さんを愛されている様子が見て取れます。今シーズンは、ウォーリアーズをNBA最高記録に近い勝率に導いているカリー。家族の存在は、1人の男に大きな力を与えました。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ