ビンスカーターが引退について言及・名選手達の反応は?

 

ステファンカリーを怪我で欠くなか戦うウォーリアーズ、第2シードのラプターズが1回戦敗退など、波乱の展開を迎えている2015-2016プレーオフ。サンアントニオスパーズとの1stラウンドでスウィープ負けを食らってしまったグリズリーズのスターティングにはビンスカーターがいました。

 

2000年のスラムダンクコンテストで超人的な跳躍力と、破壊力抜群のダンクをぶちかましてから16年。39歳になったビンスカーターは今でも高いレベルでのプレーを続けています。

 

Sponsored Link

 

引退について語るビンスカーター

 

プレーオフファースとラウンド敗退が確定したグリズリーズ。記者会見場に現れた39歳のカーターに対して記者達が抱えていた疑問は、その日がカーターの現役最後の試合なのかどうかという事でした。

 

 

カーター:「僕は戻ってくるよ。自身も、身体も調子がいいんだ。僕にわかるのはそれだけだよ。これから夏を迎える訳だけれども、僕がトレーニングにいきたくないと思ったり、プレーに対する情熱や愛情を失ったときがきたら、引退のときだと思う。」
「でも僕には今でも情熱が有るんだ。その気持ちが、試合に負けたり、上手くプレーできなかったときの僕を鼓舞するんだ。夏が楽しみだよ。この年老いた身体を鍛えて、もう一度挑戦するんだ。」

このインタビューを聞いたヘッドコーチのデビッドイェイガーは、マットバーンズやカーターらベテラン勢の活躍を賞賛。同世代を戦い抜いたコービーブライアントが引退をした今シーズンですが、カーターの魂は、まだ戦いを求めているようです。

 

Sponsored Link

 

カーターの引退説に対するシャックのリアクション

 

シャキールオニールとビンスカーターと言えば2000年代初頭からNBAを席巻してきた2人です。2000年のスラムダンクコンテストでシャックが見せたおどろきの表情は、今も鮮明に残っています。シャックがヒートに移籍してからは、チームイーストで賞賛し合うなど、互いに認め合う中です。

 

グリズリーズの1stラウンド敗退後のInside the NBAではチャールズバークレーとシャキールオニールがカーターの引退に対して言及する場面も。

チャールズバークレー:「個人的にはビンスに引退してほしいと思ってる。彼は未だにチームに貢献できる能力を持っている。しかし、歳を取っていくと、自分がプレーできない事に気がつく物だ。ビンスは長い間素晴らしいプレーヤーで有り続けてきた。」
「今シーズンの活躍も目覚ましかった。でもある日目が覚めて自分がこれ以上プレーできない事を知ったとき、なおかつそれがシーズンの中盤だったとき、自分の周りには25歳くらいの若い選手がいて、自分には何も出来ない事を知るときがくるんだ。」
シャキールオニール:「彼の今の状態を見れば、あと1年はプレーできる事がわかる。チームメンバーをみても、ビンスがスポットシューターである面をみても、まだプレーできる。彼は昔のビンスカーターでは無いかもしれないけど、今の状態なら、もう1年はプレーしてほしい。」

かつての名選手達も実力を認めているビンスカーター。跳躍力は失ったのかもしれませんが、彼のシューターとしてのセンス、ドライブインからのオフェンスパターン、クリエイティブなプレーを見ればまだまだ一線で活躍できるのは周知の事実です。

 

本人もインタビューで語っている通り、バスケットボールへの情熱が無くならない限り、カーターの美しいダンクをもう少し見ていたい、そんなファン達の願いに答えるべく、「ビンサニティ」は再びコートに舞い戻ってくる事でしょう。

 

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ