ステフィンカリーの性格から学ぶ成功の秘訣10選 パート1

Embed from Getty Images

ステフィンカリーは2009年のドラフト7位で指名をされ、ゴールデンステイトウォーリアーズに入団しました。彼は入団当初から現在の人気や地位を確立していた訳ではなく、努力によって成り上がった選手の1人です。

 

今や彼なくしてNBAは語れませんが、MVP2回、優勝2回を達成するまでにカリーはどのようなことを意識してきたのでしょうか。彼のインタビューから成功の秘訣を学んでいきましょう。

 

Sponsored Link

 

1.目標を明確にする事
カリー:「自分がなりたいもの、達成したいことを明確にする事が大切で、そこに到達するまでの課程で、道に迷ったり、苦労したりする事も有ると思うけど、けっして自分のビジョンを失わない事が大切だと思う。何をするにもね。どんな道を選んだとしても。僕に取ってはそれがバスケットボールで、壁に自分の目標を貼ったりして常に自分を向上させる、目的を失いそうになっても、日々成長する。それが僕がやってきた事かな。」 -引用:Youtube

自分の目標を達成した経験が多ければ多い程、実りの有る人生となります。常に目標を設定し、それを達成し続ける事の大切さをカリーは語っています。つまずいてもころんでも、それを成し遂げるまで突き進みましょう。

 

2.誰よりも努力をする人間になる
カリー:「ここまでの道のりは本当に大変だった。僕は高校生のときも、みんなに”頼むからうちのチームに来てくれっ”て言われる選手ではなかったんだ。すべての出来事には理由がある。自分の夢が何なのかって、気づくのに時間がかかる事も有ると思う。」
「それがどんなフィールドであれ、成功するためには誰よりも努力をしなければならない。自分がしていることに情熱を持ってね。僕に取ってはそれがバスケットボールで。そうやってここまで来たんだ。」-引用:Youtube

今や全世界でNo1の人気を誇るカリーですが、最初からそうだった訳では有りません。自分の努力で、自分のプレーでそれを勝ち取ってきました。彼がハイレベルなプレーを続けられるのは、それに裏付けられる努力が有るからです。

 

Sponsored Link

 

3.自信を持て
カリー:「限られた時間の中で、自信を持ち続ける事。アグレッシブで有り続ける事。オフシーズンになっても、自分の技術を向上し続けて、ちゃんと準備をして、もちろん失敗する事だってある。でもそれは避けられないことだから。自分の自信を殺してしまわない事。自分のプレースタイルを変えない事。そうすればオフェンスでもディフェンスでも突破口が見えてくる。」-引用:Youtube

失敗が積み重なると、自信を失って消極的になってしまいがちですよね。カリーが言う通り、失敗は避けられない事。それを気にしていては前に進めません。自分に自信をもって突破口をみつけ、目標に到達するまで、前進していきましょう。

 

4.自分の人生を生きろ
カリー:「リーグでベストなプレーヤーになりたいと思ってる。その目標を達成するために、それがどれだけ時間がかかる事なのかわからないけど、毎晩僕は同じマインドセットで試合に臨んでる。確かにレブロンは長い間リーグのトッププレーヤーであり、素晴らしいレベルでプレーを続けているけど、僕は僕であって、僕が自分の仕事をしていけば、チームは勝っていく。」-引用:Youtube

あの人はこうだからうらやましい、この人はああだからうらやましい。SNSが普及している今、他人をうらやましく思ってしまう事って、昔より多いのかもしれません。それでも自分の人生を満足させるためには、自分の道を生きる事が一番です。あの人が海外旅行に行ってるー、楽しそう、それがなんだ。

 

5.自分の特技で勝負する
インタビュアー:「試合ではバックボードの凄く高い位置にボールを当ててシュートを決めたり、サーカスショットをするけど、スティーブナッシュの影響なのかな?」
カリー:「クリエイティブにならないとね。僕はダンクできないから(笑)。ペイントゾーンにいるときはどうやって、ボードを使うか考えるよ。スティーブナッシュやリアンドロバルボサをみてると凄くクリエイティブだからね。僕もそうなろうと思ってる。」-引用:Youtube

他人にはない自分の特徴で勝負をする事は非常に大切です。カリーにはヴィンスカーターやレブロンのような超絶ダンクは繰り出せないかもしれませんが、彼にはネクストレベルのハンドリングスキルと、リーグトップの3ポイントシュート能力が有ります。他人にはない自分の強みで勝負しましょう。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ