自制心の鍛え方とは?コービーから学ぶ意志の力を最大限に発揮する方法

 

 

やろうと思った事をけっきょくやらない、何かに取り組んでいるときに気が散って他の事に手を出してしまう、こういった経験は有りませんか?人間の脳は常に楽をする事を望んでいます。特に豊かな現代では、誘惑はそこら中に存在します。自制心を持って、自分をコントロールしなければ、自堕落な方向へまっしぐらです。

 

しかし自制心を鍛えて、自分をコントロールする事が出来れば、自分の目標にむかってまっすぐに進む事が出来ます。自制心を鍛えるためには、意志の力が必要です。その意志の力はどのようにして生み出されるのでしょうか。今シーズンで引退を表明しているNBAのレジェンド、コービーブライアントを参考に、意志力の鍛え方を探っていきましょう。

 

Sponsored Link

 

意志の力を鍛える方法

 

人生のほとんどの場面において、意志の力という物はは自分自身でコントロールをする事が出来ます。人間は、周りの状況や、運、周囲の人々をコントロールする事は出来ませんが、自分の決断と、行動はコントロールをする事が出来ます。

 

 

1.自分にとってのヒーローを見つける

「ヒーローへの憧れ」の感情は考えて起きる物では有りません。あなたの心が、魂が、自然と反応する存在、それがヒーローです。「ああいう風になりたい」「ああいうのカッコいい」そういった自然に起こる憧れが、あなた自身の理想となっていきます。

 

コービーブライアントにとってのヒーローと言えばもちろんマイケルジョーダン。コービーは小さい頃にジョーダンの本を読んだと言います。ジョーダンの立場に自分を投影し、心に灯がともり、それは自分の目標へと変化をしていきました。自分の目標(ジョーダン)を目指したコービーは、結果として、周りの選手を出し抜き、NBAの伝説となりました。

 

もし12歳のコービーブライアントに、誰かが「将来有名なバスケットボール選手になりたいのなら周りの選手を出し抜け」と言ったところで、コービーの心に火はつきません。コービー自身が自分の観点で、自分の感情に従って、自分のヒーローへの憧れを持ったからこそ、今のコービーが有るのです。

 

「ヒーローへの憧れ」は意志の力へと変わります。もっとこうなりたい、もっと近づきたい、その感情が自分を更なる努力に向かわせる「意志」につながるのです。自分にとってのヒーローを見つけたら、彼らの考えを学び、自分自身もそうなれるんだと信じる事が大切です。

 

Sponsored Link

 

2. 適切な犠牲心を持つ
「僕たちには人間として選択するべき事が有る。僕たちは自分たちが持っている技能で達人になれるんだ。でもそうなるためには選択をしなければ行けない。そこには犠牲が伴うんだ。」-コービーブライアント

私達が犯してしまいがちな間違いは、自分にとって大切ではない物に対して犠牲をはらってしまう事です。自分の目標に関係のない事に対して意志の力を使ってしまう事で、本来の目的からはどんどん遠ざかっていきます。人の目標によっても違ってきますが、誘われた飲み会に参加する、仕事が終わっているのに会社に残る、ダイエット中にデザートを食べてしまう、など。

 

コービーブライアントがここまでの成功を収めた理由は、たった1つの「すばらしいバスケット選手になる」という目標に集中していたからです。そうなるためには犠牲は必要になる事を彼は理解していました。彼は良い夫でもなければ、良い息子でもない、良い友達でもなかったかもしれません。しかし彼は自分が本当に成し遂げたい目標を叶えました。

 

コービーは一例ではありますが、自分が本当にやりたい事、なりたいものを目指すのであれば、犠牲が生じる事を覚悟しておかなければなりません。

 

3. 容赦なくやり続けること

 

自分の特技が何であろうとも、夢が何であろうとも、容赦なくそれを追い続ける事が意志力をさらに強くする方法です。何を達成しようとも、どれだけ時間をかけて来たとしても、今日の自分を超える能力を私たちは持ち合わせています。

 

1つの目標を達成して、その場で一度立ち止まってしまうと意志の力はどんどん弱くなっていってしまいます。1日さぼると、それが3日になり、それが1ヶ月になり、それが1年となり、最終的には追わなくなってしまう事も有ります。

 

コービーブライアントは2000年に初優勝を成し遂げた後も足を止める事無く努力をし続け、その後も2連覇を達成しました。2008年にNBAファイナルで敗退したときは、ファイナルの試合終了後に、ジムでの練習を再開したと言います。そこからまた2連覇を達成しました。2012年に参加したアメリカのオリンピックでは、チームの重鎮、最年長ながら公式練習の7時間前にアリーナに姿を現し、黙々と練習をしていたそうです。

 

1つのことをがんばり続けていると、やがてそれが普通になってきて、意志の力を使わないまでも、こなす事が出来るようになります。そしてまた新たな壁が見つかったときに、それを乗り越える意志を持って、努力をする。という流れになっていきます。継続すること、容赦なくやり続ける事が意志力を鍛える近道でもあります。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ